ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンと合成樹脂の違いは?(エポキシ樹脂とUVレジン液)

      2016/09/15

4091-2
最近では、「樹脂」「レジン」という言葉をよく耳にするようになりましたね。
でも、「よくわからない…?」と思っている方も多いのではないでしょうか?
ここでは「樹脂」「レジン」について説明させていただきます。

そもそも「レジン」と「樹脂」は同じものなのです。
「樹脂」を英語で「レジン(Resin)」と言うのです。

では、「樹脂」って何?!

一般的に「樹脂」と呼ばれるものには大きく分けて「天然樹脂」と「合成樹脂」の2種類に分けられます。
先ほど、「樹脂」を英語で「レジン」と言うと話しましたが、正確には、「天然樹脂」のことを「レジン」と呼ぶのです。

「天然樹脂」と「合成樹脂」の違いは?!

まず、「天然樹脂」とは、松脂(まつやに)や琥珀(こはく)などに代表されるような動植物が分泌する有機物のことです。
天然樹脂は透明で固く、加熱すると柔らかくなり、液状に溶けてしまう性質を持っています。

次に「合成樹脂」とは、「天然樹脂」によく似た外観や性質を石油から人工的に作りだしたもののことを「合成樹脂」と呼んでいます。
解りやすく言うと「プラスチック」が「合成樹脂」ということです。
この「天然樹脂」に似せて作りだした「合成樹脂」は、塗料や接着剤などと同じような使われ方をされていいたために、どちらも同じ「樹脂」と言う言葉で一つにまとめられてしまったのですが、分子構造的には全く別物になるのです。

では、レジン液とは

最近ハンドメイドで身近に使われるようになった、レジン液とはどのようなものなのでしょう?
こちらもいくつか種類がありますが、「エポキシ樹脂」と言われる2液性のものと「UVレジン液」と呼ばれる1液性のものなどが有り、どちらも、液体ですが、透明に固まります。

「エポキシ樹脂」と「UVレジン液」の違いは?!


まず、2液性の「エポキシ樹脂」は、「主液」と「硬化液」の2つを混ぜ合わせ、それによって起こる化学反応によって硬化します。
硬化するまでに、1~2日ほどかかるので、細かい物や、動きを出したまま硬化させたい物には向きません。
また、2液の比率を間違ってしまうと、硬化しにくくなってしまうので注意が必要です。
エポキシ樹脂の商品例

続いて、1液性の「UVレジン液」は、紫外線によって硬化するものです。
紫外線なので、太陽光に当てれば硬化しますが、時間がかかるので、「UVライト」を使う方が多いです。
また、UVが届きにくい厚みのある作品には不向きと言えます。

UVレジン液の商品例
また、「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」が有り、どちらもトロっとした液体なのですが、硬化後が、「ハードタイプ」は固く、「ソフトタイプ」はゴムのように柔らかく仕上がるという違いがあります。

作品によって使用する液を使い分けましょう。

大きくまとめて呼ばれている「レジン」=「樹脂」ですが、細かく言うと色々な特徴を持った様々な種類に分けられます。
作りたい作品、自分で作りやすい種類を選んでみてください。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

簡単!レジンであれこれコーティングのやり方

レジンは、様々なものをレジン液に閉じ込めるだけではなく、素材そのものをコーティン …

[アクセサリーの材料]100円ショップのUVクラフトレジン液、特徴とおすすめの使い方

今回は、DAISOさんで販売されているレジン3種類の特徴と使い方、パーツの選び方 …

レジンで作る簡単かわいいピアス【作り方】

手軽に透明感のあるアクセサリーが作れることで人気のレジンですが、その軽さも魅力の …

レジンにオススメの透明フィルム

レジンに封入する透明フィルムは、レジン液の中に文字や絵が浮いているように見えて、 …

レジンで使用するオススメのヤスリ

材料も手軽に手に入れる事が出来る為、人気のレジンですが、仕上げのひと手間でぐんと …

100円ショップのシールを使って、簡単レジンストラップの作り方

今回は、プードルレジンストラップの作り方を紹介したいと思います。 100円ショッ …

レジンを不透明な色に着色するには?

レジンと言えば、様々なパーツを閉じ込め、キレイに透き通る輝きが魅力ですが、不透明 …

造花を使ったレジンアクセサリー作り方

レジンはパーツをレジン液に閉じ込めるだけでは無く、レジン液でコーティングするとい …

ガラス瓶を使ったレジン小物の作り方

お店で売っているようなカワイイ小物を、自分で作ってみませんか? ここでは、ガラス …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …