ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

手縫いの一本取り・二本取りとは?

      2016/09/23

二本取りとは?

二本取りとは、針に糸を通して両端を揃え、玉結びをしたものを言います。ボタン付けや持ち手の補修など、丈夫にしっかり縫い付けたい時に使います。縫い直しができない上、糸が短すぎると途中で足りなくなってしまうことがあるので注意しましょう。

二本取りについてのQ&A

二本取りの作業の際によく聞かれる疑問をピックアップしました。

糸の長さはどのくらい必要?

ボタン付けの場合、糸は60センチくらいが良いとされています。針に通し、両端を合わせて玉結びをすれば丁度良い長さになるでしょう。それ以上長いと絡まりやすくなります。

途中で糸が足りなくなったら?

ボタン付けは、途中で足りなくならないように長さを用意してから始めましょう。足りなくなったらもう一度やり直すのが安心です。ボタン以外の時は、残った糸の中央で切り両端を結んで処理ができますが、強度は弱くなってしまいます。

刺しゅうの際の二本取りとは?

「刺しゅう糸を二本取りで」という表現を見たことがあるかもしれません。刺しゅう糸は、たいてい6本の細い糸がまとまって1本になっています。必要な長さを切り、端をしっかり持って1本ずつゆっくり引き抜きましょう。引き抜いた糸を自然に垂らし、撚りやねじれを戻して2本を揃えます。刺しゅう用の針に通し、片側に玉結びを作って作業を始めます。

まとめ

糸の一本取り・二本取りについて説明しましたが、いかがでしたか?一本取りは通常の縫い物、二本取りは強度が必要な際に使う方法でしたね。それぞれに適した糸の長さやコツもありました。やり方を覚えてしまえば簡単ですよ。今度「一本取りで」「二本取りで」という表現を見たら、この方法を思い出しながら挑戦してみてくださいね。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

【お裁縫】どう取り替える?~ウエスト部分のゴムを取り替えたいとき~

自分で作った洋服でなくとも修繕したい場合もありますよね。よくあるのが、ウエストの …

手縫いでほつれ止めの縫い方(かがり縫い)をマスターしましょう!

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?その …

指を保護する裁縫の必須グッズ!『指ぬき(シンブル)』の上手な選び方

指ぬきは、針先・針穴側(針のお尻)が指にあたって怪我をしたり、痛みが出ないように …

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

ジッパーとは? ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋 …

裁縫で使うチョークとは?~チャコペンとチョークについて~

裁縫用のチョークとはどのようなものか紹介します。また、チャコペンというものについ …

裁縫で活躍!ボタンの種類と用途について説明します!

一言でボタンと言っても大きさ、形、模様などたくさんありますよね。なぜ、そんなに種 …

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …

ソーイングセットの収納ケースは手作りしよう!おすすめ布小物作り方5選!

小学生の時に皆一度は購入したことのあるソーイングセット。様々なデザインがあり、長 …

手縫い上手が教える「使って納得」使いやすい裁縫道具・裁縫セット!

手芸好きにとって裁縫道具は宝物です。 これがあれば何でもできる、そんな気がしてき …