ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

手縫いの一本取り・二本取りとは?

      2016/09/23

二本取りとは?

二本取りとは、針に糸を通して両端を揃え、玉結びをしたものを言います。ボタン付けや持ち手の補修など、丈夫にしっかり縫い付けたい時に使います。縫い直しができない上、糸が短すぎると途中で足りなくなってしまうことがあるので注意しましょう。

二本取りについてのQ&A

二本取りの作業の際によく聞かれる疑問をピックアップしました。

糸の長さはどのくらい必要?

ボタン付けの場合、糸は60センチくらいが良いとされています。針に通し、両端を合わせて玉結びをすれば丁度良い長さになるでしょう。それ以上長いと絡まりやすくなります。

途中で糸が足りなくなったら?

ボタン付けは、途中で足りなくならないように長さを用意してから始めましょう。足りなくなったらもう一度やり直すのが安心です。ボタン以外の時は、残った糸の中央で切り両端を結んで処理ができますが、強度は弱くなってしまいます。

刺しゅうの際の二本取りとは?

「刺しゅう糸を二本取りで」という表現を見たことがあるかもしれません。刺しゅう糸は、たいてい6本の細い糸がまとまって1本になっています。必要な長さを切り、端をしっかり持って1本ずつゆっくり引き抜きましょう。引き抜いた糸を自然に垂らし、撚りやねじれを戻して2本を揃えます。刺しゅう用の針に通し、片側に玉結びを作って作業を始めます。

まとめ

糸の一本取り・二本取りについて説明しましたが、いかがでしたか?一本取りは通常の縫い物、二本取りは強度が必要な際に使う方法でしたね。それぞれに適した糸の長さやコツもありました。やり方を覚えてしまえば簡単ですよ。今度「一本取りで」「二本取りで」という表現を見たら、この方法を思い出しながら挑戦してみてくださいね。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

手縫いでほつれ止めの縫い方(かがり縫い)をマスターしましょう!

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?その …

手縫いで裾上げの縫い方をマスターしましょう!

ズボンなどの裾が長くて困ったことはありませんか?お直しに出す方法もありますが、時 …

裁縫で使う道具~チャコペンって何?~

いきなりですがチャコペンとは何か知っていますか?裁縫をやってみようと考えている人 …

付け方説明!手縫いでかわいいポケットを付けましょう!

お手持ちのバッグやお洋服などに外ポケットを付けてみませんか? ちょこっとリメイク …

大事な洋服に穴が!!お裁縫で破れを直そう! 初心者でも簡単!

『かけはぎ』という資格を持った方にお願いする、というのを耳にしたことがあるかもし …

裁縫の玉止めが苦手なあなたへ!正しい玉止めの仕方と上手になるコツ!【写真付き】

何か作りたくて手縫いにトライしてみたものの、どうも最後の「玉止め」がうまくいかな …

手縫いで袋縫いの縫い方に挑戦しましょう!

袋縫いという言葉を聞いたことがありますか? 初めて聞く人は、袋の作り方かな?と思 …

no image
かわいい!簡単なお裁縫!手作りマスコットの作り方

売り物のマスコットは可愛いけれど、自分で作ったものは特別でいいですよね。それに、 …