ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

初心者でも作れる帽子の編み物!簡単子供用ニット帽の作り方

      2016/09/24

4145-2
編み物をする際に使用するのは、棒針、かぎ針がメジャーですが、輪になっているものを作るときは、『輪針』がとても便利です。

輪針とは、棒針を短く切ったような棒2本が、細いチューブで繋がっていて、作品の大きさによって、そのチューブの長さを選んで使用します。
作り目を作ったあとは、延々と表編みを繰り返すことで、グルグル編み上げていくので、筒状のものを編む際は、合わせ目が出来ないので、仕上がりもキレイです。

今回紹介する輪針を使った帽子は、棒針の基本的な編み方、『作り目』と『表編み』の2つができれば作れる、とっても簡単な作品です。
編み終わりの綴じ方も難しくないので、編み物初心者の方にオススメです♪

輪針は小物用40cmを用意しましょう

子供用を作る時も、大人用を作る時も、このサイズの輪針が作り易いです。
あまり長すぎる輪針だと、作りづらいので気をつけましょう。

早速作ってみよう ニット帽の作り方★

材料

  • 毛糸・・・1玉〜2玉
    (毛糸によってメーター数が異なります。少ないものの時は2玉用意しましょう。)
  • 輪針40cm
    (号数は毛糸のラベルに記載の棒針の号数を参考にしてください)
  • 《帽子のてっぺんを引き締めるために使う糸》
    ・刺繍糸(6本どりのまま使用)orタコ糸くらいの太さのしっかりした糸
    ・刺繍糸6本どりが通る 綴じ針

1・作り目を作ろう
作り目を作るときは、輪針の2本の棒を合わせて作ります。

作り目の数は、毛糸の太さ、編む時の手のキツさ、お子様の頭周りの大きさで違いが出ます。
まずは、作りたい帽子の大きさを、頭の周囲を測って算出します。
ニット帽は伸びるので、頭の周囲よりも少し小さめに作るほうが良いでしょう。
作る大きさが決まったら、用意した毛糸のラベルを見ます。
ラベルには、基本的な『ゲージ』というものが記載されています。
ゲージは、その毛糸に対して適した針の太さを使用して編んだ時の、平均の縦横10cm四方の目数の目安を表記しています。
それを参考に、作りたい長さを編むには何目必要かを計算しましょう。

例)
表記 → 10目〜12目 10段〜12段
※編む時の手が緩い方は10目10段を 手がキツイ方は12目12段を参考に。
初心者の方は、手がキツイことのほうが多いです。

作りたいサイズ50cmの場合、作り目は50目〜60目となります。

 - 編み物

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【かぎ針・棒針】超初心者さん向け!編み物の基礎動画

編み物の動画はたくさんあるけど、どれがわかりやすいのかわからない・・・ いざ始め …

Let’s編み物!とっておきの無料編み図はココ!セーター編◎

編みモノ女子の皆さんこんにちは! 今回は手編みの醍醐味!セーターをご紹介したいと …

手編みでシュシュに挑戦しましょう!編み物作り方レクチャー記事!

女性が髪を束ねる際に使うシュシュは、ヘアアクセサリーの定番ですね。種類が豊富で簡 …

編み物タイム♪かぎ針で編むモチーフ3種の編み方基礎

かぎ針で編むことが多い「モチーフ」ですが、このモチーフにはとても多くの種類があり …

[編み物]かぎ針編みでぬいぐるみ

冬になると毛糸が恋しくなります。 おばあちゃんと一緒に、教えてもらいながら、お話 …

ニットベレー帽を編んだのでご紹介

ニットで編んだジャンパースカートの糸が余ったので、セットの帽子を編もうと思い、か …

編み物を編んでみたい!模様編みのマフラーいろいろ【棒針編み】

編みモノ女子のみなさんこんにちは! そろそろ基本のメリヤス編みやガーター編み以外 …

おすすめ編み物教室3選!埼玉編

これからの季節は編み物がしたくなります。 今年こそは、マフラーや手袋に挑戦しよう …

[編み方]長編みだけで作るキッズ用手編みマフラー[子供用長さ短め]

小さい子どもがいる人には、「長いマフラーは危険」と思う人が多いのではないでしょう …

とても簡単なベストの編み図【編み物初心者用】

ベストやセーターを編んでみたいと思って本を見てみたけれど、とても難しそうでなかな …