ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

初心者でも作れる帽子の編み物!簡単子供用ニット帽の作り方

      2016/09/24

4145-2
編み物をする際に使用するのは、棒針、かぎ針がメジャーですが、輪になっているものを作るときは、『輪針』がとても便利です。

輪針とは、棒針を短く切ったような棒2本が、細いチューブで繋がっていて、作品の大きさによって、そのチューブの長さを選んで使用します。
作り目を作ったあとは、延々と表編みを繰り返すことで、グルグル編み上げていくので、筒状のものを編む際は、合わせ目が出来ないので、仕上がりもキレイです。

今回紹介する輪針を使った帽子は、棒針の基本的な編み方、『作り目』と『表編み』の2つができれば作れる、とっても簡単な作品です。
編み終わりの綴じ方も難しくないので、編み物初心者の方にオススメです♪

輪針は小物用40cmを用意しましょう

子供用を作る時も、大人用を作る時も、このサイズの輪針が作り易いです。
あまり長すぎる輪針だと、作りづらいので気をつけましょう。

早速作ってみよう ニット帽の作り方★

材料

  • 毛糸・・・1玉〜2玉
    (毛糸によってメーター数が異なります。少ないものの時は2玉用意しましょう。)
  • 輪針40cm
    (号数は毛糸のラベルに記載の棒針の号数を参考にしてください)
  • 《帽子のてっぺんを引き締めるために使う糸》
    ・刺繍糸(6本どりのまま使用)orタコ糸くらいの太さのしっかりした糸
    ・刺繍糸6本どりが通る 綴じ針

1・作り目を作ろう
作り目を作るときは、輪針の2本の棒を合わせて作ります。

作り目の数は、毛糸の太さ、編む時の手のキツさ、お子様の頭周りの大きさで違いが出ます。
まずは、作りたい帽子の大きさを、頭の周囲を測って算出します。
ニット帽は伸びるので、頭の周囲よりも少し小さめに作るほうが良いでしょう。
作る大きさが決まったら、用意した毛糸のラベルを見ます。
ラベルには、基本的な『ゲージ』というものが記載されています。
ゲージは、その毛糸に対して適した針の太さを使用して編んだ時の、平均の縦横10cm四方の目数の目安を表記しています。
それを参考に、作りたい長さを編むには何目必要かを計算しましょう。

例)
表記 → 10目〜12目 10段〜12段
※編む時の手が緩い方は10目10段を 手がキツイ方は12目12段を参考に。
初心者の方は、手がキツイことのほうが多いです。

作りたいサイズ50cmの場合、作り目は50目〜60目となります。

 - 編み物

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【かぎ針・棒針】超初心者さん向け!編み物の基礎動画

編み物の動画はたくさんあるけど、どれがわかりやすいのかわからない・・・ いざ始め …

初心者でも簡単!あみぐるみの作り方

あみぐるみは、立体になっているとはいえ、ほとんどが 「こま編み」「こま編み2目を …

かぎ針1本でこんなに楽しい編み物!オススメ無料編み図サイト5選

編みモノ女子の皆さんこんにちは! 突然ですが、編み物するならあなたは棒針派ですか …

とっても簡単!編み物の帽子の作り方!指編みのおすすめ編み図

私の住む雪国では、大体どこの小・中・高校でも冬になるとスキー教室やスケート教室が …

平編み(細編み)の編み方。正方形や長方形に編んでみよう!

編み物を始めた人は、編み図で記号が沢山出てくると、よく分からなくなってしまうこと …

編み物とかぎ針
かぎ針編みを始めよう!かぎ針の持ち方、選び方、糸の持ち方

かぎ針で編み物が出来ると、小さなお花のモチーフから、大きなマフラーやセーターを作 …

【編み物】可愛くて実用的!小物の編み図配布サイト5選【無料・有料】

帽子や手袋、靴下といったウェア小物、バッグやクッション、ミトンといった普段使いの …

帽子の編み物って絞り方が難しい!そんな時はコツをマスターしよう!

ニットの帽子を作る時、なるべく簡単に作りたい場合は、棒針や輪針で筒状に編んでトッ …

編み物初心者に!かぎ針編みで帽子を作ろう!

作り方 1.輪の作り目 2.くさり編み3回で立ち上がり 3.この輪の中に、長編み …

編み物・・ビーズを使ったシュシュの簡単な作り方

リネンの糸でビーズを編みこんだシュシュは可愛くて、涼しげですね。 ナチュラルカラ …