ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

コサージュ 生花での作り方

   

29
造花をアレンジしてコサージュを作る時は、現実にはないような仮想のフラワーやリーフを使ってバラエティに富んだお好みのコサージュを作れることが魅力です。

しかし、人生に一度きりの記念日に付ける、コサージュはやっぱり生花でと考えている人も多いと思います。
最近は花嫁のブーケも生花が主流のように聞いています。その日だけのために作るコサージュというのも心がこもっているような気がしませんか。

その上、生花には、切ってしまったといっても生命が宿っていますし、やはり自然の美しさに、造花は勝てないような気がします。
25
その日のためだけに好きなお花を選んで、ご自分でアレンジして作る生花のコサージュには他のアクセサリーにはない美しさがあります。

お花屋さんで花を選ぶのであれば、自分の好きなお花を、又はご招待して下さった方にふさわしい花を吟味して選んでください。
その他、家の庭のその季節に咲いたお花を使えばもっとハンドメイド感は増すはずです。日頃から庭に、アイビーやブライダルベール、小さいバラの葉っぱなど植えてあると、アレンジに重宝します。カスミソウや、忘れ名草など小花もメインの花に添えて使い道がいろいろあります。

まず、初心者が生花のコサージュを作る時は茎のしっかりとしたカーネーション、バラ、八重咲きのガーベラ(茎が空洞なので中にワイヤーを入れるとしっかりします。)など大きい花を一つ選び、周りチュール代わりのカスミソウ、アイビーやブライダルベールのような葉っぱを入れて、リボンでまとめるというのが基本です。作る前によく水あげして付ける直前に作ればいいでしょう。花を短く切ってワイヤーで支える方法もありますが、ナチュラルさが失われるような気がして、おススメできません。
26
又、カトレア、胡蝶蘭、シンビジウムなど蘭の仲間を使うと、華やかで高級感があるだけではなく、お花自体が水をあまり必要としないので、コサージュにしても長持ちします。高価なお花を使えば、やはりフォーマルな感じが強く出て、セレモニーに適していると思います。

生花で作る場合は、たくさんの種類の花を使って使うより、花そのものの美しさを活かして、シンプルに作る方がきれいに作ることができます。

茎にワイヤーを添えフローラテープで巻いて仕上げていきます。ダブルリボンをつけて仕上げます。

洋服に付ける時は、コサージュピン(帽子ピンより細めで、マチ針より太め)でお花が下を向かないように、胸元の高めの位置に付けます。コサージュピンは1本でうまく付かない場合は、2本使うと、思った位置にしっかり付けることができます。

コサージュは付けるまで、乾燥しないように、ビニール袋に入れて、涼しいところで保管しますが、できたらなるべく早く使うようにしましょう。

 - コサージュ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

リボンや余り布で作ったバラをコサージュにしましょう

生地屋さんで何気なく買っておいた生地や、持っていたリボンをくるくる巻いてバラを作 …

ホームセンターや100円均一の造花を使って作る ロープライスで易しく作れるコサージュ

昔は、コサージュというと、生地から花びらの形を切って染めて、コテ当てをして布花を …

材料が造花のブート二アの作り方

昔、男性が結婚したい女性の家にプロポーズのために訪問する時、心をこめて摘んだ花束 …

コサージュ 卒業式の時の色

わが子の卒業式に出席する時、母親としてどんな装いがいいかと迷っている新人ママも多 …

コサージュの付け方で、茎はどうしよう?

コサージュは基本的に、きれいに見える向きに付けましょう。 茎が上であるとか、花が …

男性のジャケットへのブート二アの付け方

ファッションについて自由な考えをするようになった昨今、男性陣も、結婚式やパーティ …

結婚式出席時のコサージュのつけ方 

最近は、ファッションも自由な発想で楽しむ人が多く、結婚式に招待された際の装いも、 …

材料がレースのコサージュの作り方

レースをポケットチーフに使ったら、とてもおしゃれな感じがします。 レースはそのま …

小花のプチコサージュ【材料と簡単な作り方】

ちょっとした小さいコサージュだと、さりげなく。日常的につけることができます。 シ …

おすすめブート二アの手作りキット

人生の一大イベントである、結婚式のブーケやコサージュを手作りして記念に残したり、 …