ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

材料がレースのコサージュの作り方

   


レースをポケットチーフに使ったら、とてもおしゃれな感じがします。
レースはそのまま手を加えなくてもとてもきれいです。
透け感は優雅さを感じさせますし、軟らかいレースを使用すれば、歩くたびにゆらゆらしてとてもきれいです。

着なくなったちょっとドレッシーなドレスの装飾だったようなレースを、捨てる前に切り取っておいても、いろいろ工夫できます。
レースリボンも、広幅だったら新たに購入するとなると結構高価なので、リメイクしてお使いになることをおススメします。
又、舞台衣装を作るようなラメ入りやスパンコールが付いた洋服生地のレースの端切れを安く手に入れて、切り抜いて使っても面白いです。あまり高級感がないようなレース地であれば、何枚か重ねてコサージュを作ったり、スパンコールを張り付けたりすると、華やかさが増します。
グラフィックス6
主体となるレースを決めたら、それに合ったリボンや、パール、時にはリーフなどを用意します。造花を使わなくてもお気に入りのレースを使えば優雅なコサージュを作ることができます。
レースで作る場合は、必ずしも花びらを1枚ずつ作らなくても生地をワイヤーでまとめることによってきれいな形ができます。大小のレースを重ねて花びらに複雑さを出したり、レースを縫い縮めてプリーツやドレープを作ったり変化が楽しめます。ラッキーなことにレース生地は裁断しても、ヘリがほつれることもありません。
リボンやレース生地、チュール、パールにワイヤーを付けまとめれば出来上がりです。

生地ということもあり、付けたい洋服と同系色のレースを選ぶとコサージュが浮くことなくドレスになじんで趣味良く出来あがります。
レースの素材もコットン素材だと、どうしても夏らしいコサージュになります。その上、カジュアルっぽい普段着風に成るので、ドレスに付けるのであれば、柔らかな感触のケミカルレースがコサージュに作った時、表情も出ておススメです。
又、結ぶリボンも、レースの透け感に対して、重たい風合いの素材だとマッチしません。ジョーゼットや、オーガンジーなど軽めの柔らかい素材のリボンがいいでしょう。
グラフィックス5
レースのコサージュのメリットは、造花や生花のコサージュに比べて、軽い仕上がりになることです。薄地のブラウスやドレスに付ける時は洋服に負担をかけないので安心です。
華やかなレースや、余り布などが手に入ったら、レース本来の持つ優美さや柔らかさを生かして、コサージュを是非作ってみてください。

 - コサージュ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

おすすめブート二アの手作りキット

人生の一大イベントである、結婚式のブーケやコサージュを手作りして記念に残したり、 …

コサージュの付け方で、茎はどうしよう?

コサージュは基本的に、きれいに見える向きに付けましょう。 茎が上であるとか、花が …

男性のジャケットへのブート二アの付け方

ファッションについて自由な考えをするようになった昨今、男性陣も、結婚式やパーティ …

コサージュ 卒業式の時の色

わが子の卒業式に出席する時、母親としてどんな装いがいいかと迷っている新人ママも多 …

コサージュ 生花での作り方

造花をアレンジしてコサージュを作る時は、現実にはないような仮想のフラワーやリーフ …

材料が造花のブート二アの作り方

昔、男性が結婚したい女性の家にプロポーズのために訪問する時、心をこめて摘んだ花束 …

ホームセンターや100円均一の造花を使って作る ロープライスで易しく作れるコサージュ

昔は、コサージュというと、生地から花びらの形を切って染めて、コテ当てをして布花を …

結婚式出席時のコサージュのつけ方 

最近は、ファッションも自由な発想で楽しむ人が多く、結婚式に招待された際の装いも、 …

小花のプチコサージュ【材料と簡単な作り方】

ちょっとした小さいコサージュだと、さりげなく。日常的につけることができます。 シ …

リボンや余り布で作ったバラをコサージュにしましょう

生地屋さんで何気なく買っておいた生地や、持っていたリボンをくるくる巻いてバラを作 …