ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

結婚式出席時のコサージュのつけ方 

   


最近は、ファッションも自由な発想で楽しむ人が多く、結婚式に招待された際の装いも、昔に比べると、制限が緩められてきたようです。
でも、結婚式は新郎新婦にとって人生で一度のセレモニーです。結婚する方の最高の一日になるようにとみんなが願っていることと思います。

そのお席に招待されたら、やはり、その場にふさわしいフォーマルなスタイルで出席したいものです。
両家の御親戚の方の中には留袖やタキシードの方もいらっしゃると思います。派手な装いというより、お祝いの気持ちが表れるように、華やかで上品な着こなしをする必要があります。とはいっても、結婚式のたびごと、洋服を新調することもできませんし、コサージュや、小物で変化をつけるというのも一つのアイディアでしょう。

真っ白なドレスや、花嫁を上回る位、華やかに着飾るのはおススメできませんが、パールのネックレスに匹敵するようなコサージュを、少し抑えめのドレスにつけて行くのはいかがですか?
おススメしたいのは、素材の良い無地のシンプルなシルエットのワンピースに、大きめなコサージュをつけてアクセントをつけた着こなしです。できればノースリーブで、ミニ丈なんてどうでしょう。ストールを軽く巻くか、手に持って。胸元が開き気味のドレスでも、コサージュを付けることによって、上品になります。
グラフィックス3
カラ―はやっぱり淡いきれいめの色で。黒や個性的な原色は避けた方が、万人受けするでしょう。少しラメやパールが入っていると華やかになります。薄めの柔らか素材の、歩くとフワフワ揺れるくらいのが優雅です。布花だったらオーガンジーやジョーゼット生地がおススメです。

もうひとつ、ポイントになるのがお花に添えるリボンです。リボンに高級感があるかないかこれが、コサージュを選ぶ上での決め手です。仮に100円均一の造花を使って、コサージュを手作りしたとしても、ちょっと高価なリボンを添えることによって上品さが増すのです。ギフト用のリボンをリサイクルして使うとしても、とっておきのチョコレートを包んであったリボンや、ブランド物の洋服をラッピングしていたリボンなどをうまく利用して下さい。
グラフィックス4
コサージュをつけるのはやはり胸元の、少し高めのところがいいかと思います。
右、左はどちらでも構わないと思いますが、右利きの人が自分でコサージュをつける時は、右の方が止めやすいはずです。ドレスを着る前にコサージュを先につけて着るとより簡単につけることができます。

最近は、あまりこだわる必要がないかとも思いますが、結婚式で花の髪飾りは、花嫁だけが付ける物という考え方もあります。もしコサージュを髪に付ける時は、小さめな花を、低い位置に付ける方が無難かもしれません。

 - コサージュ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

コサージュ 卒業式の時の色

わが子の卒業式に出席する時、母親としてどんな装いがいいかと迷っている新人ママも多 …

100均にある材料でコサージュを手作り

100円ショップにも手芸材料が置かれるようになりました。でき上がったコサージュや …

材料がレースのコサージュの作り方

レースをポケットチーフに使ったら、とてもおしゃれな感じがします。 レースはそのま …

小花のプチコサージュ【材料と簡単な作り方】

ちょっとした小さいコサージュだと、さりげなく。日常的につけることができます。 シ …

材料が造花のブート二アの作り方

昔、男性が結婚したい女性の家にプロポーズのために訪問する時、心をこめて摘んだ花束 …

コサージュ 生花での作り方

造花をアレンジしてコサージュを作る時は、現実にはないような仮想のフラワーやリーフ …

コサージュの付け方で、茎はどうしよう?

コサージュは基本的に、きれいに見える向きに付けましょう。 茎が上であるとか、花が …

リボンや余り布で作ったバラをコサージュにしましょう

生地屋さんで何気なく買っておいた生地や、持っていたリボンをくるくる巻いてバラを作 …

おすすめブート二アの手作りキット

人生の一大イベントである、結婚式のブーケやコサージュを手作りして記念に残したり、 …

男性のジャケットへのブート二アの付け方

ファッションについて自由な考えをするようになった昨今、男性陣も、結婚式やパーティ …