ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

      2016/04/19

2561-2
本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向いていないのだ。
そう思った経験はありませんか?
そんな時は裁縫教室に行ってみましょう。
本だけですと、専門用語などが並んでいてわかりにくいだけかもしれません。

まずは希望を整理しよう!

裁縫教室に行こうと思ったときに、様々な教室があってわかりにくいですよね。
まず大事なのは、「何を習いたいか」を明確にすることです。
裁縫で、ポーチやかばんが作りたいのか、はたまた洋服が作りたいのか、パッチワークがしたいのか、それとも針に糸を通すところから教えてもらいたいのか。それだけ決まっていればあとは簡単です。
数ある教室から選べばいいのです。
そんな風にたくさんある教室の中から、自分に合った教室の選び方をご紹介します。

教えてもらいたいことが教えてもらえるか

ひとつの分野に特化した教室もあれば、様々なことを教えている教室もあります。
これは、何を作りたいのかが決まっていれば簡単ですね。
また、様々なことを教えてくれる教室なら、何が作りたいのか明確になっていなくても安心ですね。
他にも、ミシンで縫いたいのか、手縫いでチクチク縫っていきたいのかそんなところでも選んでいけると思います。

どんな教え方でそれを習いたいのか

一対一で教わりたいのか、サークルのようにわいわいと学びたいのか。
師弟関係のようにしっかり教えてくれる先生がいいのか、生徒さんが楽しんでモノ作りすることを優先して教えてくれる先生が良いのか、様々なタイプの先生がいて、その数だけ裁縫教室は存在します。
センスのいい若い先生がいいのか、技術に優れたベテランの先生がいいのかそういうことも見ておくといいですね。

その先生と相性が良いか

最終的にはこれに尽きると思います。
これはかなり重要です。
しかしこのようなことは、実際に体験をしてみないとわかりません。
実際やってみて合わなければ辞めればいいのです。
また、手芸店やミシンメーカーが開催しているソーイング講座なども存在します。
このような裁縫教室であれば、初心者の方の参加も多く一回切りですので、試しに一回行ってみるのもいいと思います。
このような場で教えてらっしゃる先生は、大概他でも教室をなさってらっしゃるので、「この先生に教えていただきたい」と思ったら、聞いてみてもいいですね。
他にも、ミシンを使う場合は一人一台使えるのか、どのメーカーのミシンなのか、なども聞いておくといいでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
裁縫というのは、基礎こそありますが、人それぞれのセンスやデザインで出来上がりのクオリティが決まるものです。
ですから先生の資格や経歴に惑わされず、自分の目で見て、感動したものを信じて教室を選びましょう。

 - 裁縫

  関連記事

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはあ …

裁縫用語のパイピングとは何のこと?

パイピングという言葉を聞いたことはありますか?裁縫で布を扱うときには色々と役に立 …

【お裁縫】どう取り替える?~ウエスト部分のゴムを取り替えたいとき~

自分で作った洋服でなくとも修繕したい場合もありますよね。よくあるのが、ウエストの …

あると便利!裁縫の縁取りテープ(バイアステープ)の選び方と使い方

手芸のレシピ本を見るとバイアステープという名前をよく目にします。バイアステープと …

裁縫の千鳥がけとは?縫う方法について

千鳥がけとは? 千鳥がけとは、裾上げやポーチのファスナーを付ける時など、縫い代を …

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …

手縫いでミシンのような丈夫に縫うコツとは?

手縫いはミシンと比べ、糸の準備も簡単で場所も取らないのでお手軽に始められてとても …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

裁縫で使うチョークとは?~チャコペンとチョークについて~

裁縫用のチョークとはどのようなものか紹介します。また、チャコペンというものについ …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …