ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

超簡単!使い勝手抜群なミニトートバッグの作り方

   

totobag2
大人でも子どもでも、「お弁当」を持っていくときに風呂敷に包むか、お弁当用の袋に入れますよね。
子どもが2歳児保育のクラスに通っていたのですが、巾着タイプの袋の紐を引っぱったり、結んだりするのが苦手だったので、マジックテープタイプのものを作りました。

これがなんとも使い勝手の良いサイズと形でした。大人用のバッグも作り、携帯やお財布を入れて近所の買い物に行くときに使ったりしています。バッグインバッグとしても使えますし、小さくたためるので邪魔になりません。

形はこのようになります。
minitbag1
1.28×50センチの布を用意します。厚手の生地なら1枚、薄いものなら2枚用意します。1枚の場合は端にロックミシンかジグザグ縫いをかけて、ほつれないようにしておきます。

2.中表に半分に折り、両端1センチのところを直線縫いします。2枚の場合は別々に縫うと端を処理しなくて済みます。
minitbag2
裏側です。

3.奥行きが12センチになるように潰して三角マチを作っています。これで大体のお弁当箱は入ると思いますが、一度入れて確認してみると良いですよ。
サイズが大丈夫そうであれば縫いましょう。
この写真のバッグは表と裏の2枚の布を使っています。三角マチを作る前に縫い代がある側を挟むようにして、重ねてから三角マチを作っていますが、あらかじめマチを縫ってから重ねたほうが綺麗に仕上がります。

4.袋の口の部分を三つ折にしてミシンをかけます。

5.取手を作ります。布を30×6センチを二本分用意し、筒に縫ってひっくり返して使えば端の処理は要りません。写真のバッグは布のミミの部分がフリンジのようになっていて可愛かったので、わざと外側に見せるように利用しています。

6.取手をバッグ本体に重ね、重なっている部分を四角く縫います。

7.飾りでヨーヨーキルトを作り、取手を縫いつけた部分を隠すようにつけ、バッグの部分にもいくつかつけています。

8.マジックテープを口の中央部分に四角く縫い付ければ出来上がりです。
子どもにはマジックテープが使いやすいようですが、大人であればスナップでもいいと思います。

参考までに、ヨーヨーキルトの作り方です。ヨーヨーキルトは布が少し余ったときなどに簡単に作れます。

  1. 布を作りたいサイズの倍+5ミリの直径の円に切ります。
  2. 端を5ミリ折りながら、6~7ミリ間隔で波縫いをしていきます。
  3. 一周縫えたら縫い代のある側に針を出し、糸をグッと引っぱり玉止めします。

minitbag3

 - 洋裁

  関連記事

【新生児・乳児】ベビー服をサイズアップする4つの方法【赤ちゃん服のリメイク】

「昨日より明らかに大きくなってる!」と感じるくらい、日に日に大きくなっていく赤ち …

おすすめの子供服の型紙屋さん ~パンツ編上級~

いよいよ上級編になります。 中級編よりさらに細かい作業が増えているイメージですが …

子供服のハンドメイド本でおすすめ紹介

昔の映画を見ていると、母親が子供のために服を作っている場面がでてくることがありま …

ミシン糸を上手に保管・収納するコツ

生地の色に合わせてどんどん買い足して増えていくミシン糸。 おまけに下糸をボビンに …

子供服を手作りするならおすすめ生地ショップ4選

かわいいベビーやキッズの洋服を作りたい!と思ったら、いざ手芸店へ。 近くにお店が …

簡単手作り!子供用エプロンの作り方

子供や赤ちゃんに何か作ってプレゼントしたいなという時があります。 気心知れていて …

[作り方]保育園には手作りバッグを、楽しく作って楽しく登園!

保育園、幼稚園、習い事などが始まるとバッグが必要になりますね。小さい子でも持てる …

通園バッグをショルダータイプに変える方法。簡単な後付け法(作り方)をご紹介

園生活で使うバッグ。手で持つトートタイプの物は、お店でもよく見かけます。 手作り …

【洋裁】洋服作りのためのおすすめ書籍

なんとなく洋裁に興味をもっている方や、経験ないけどやってみたいと思っている人は多 …

Tシャツもズボンもスカートも!子供服の簡単サイズダウン方法

お下がりの服が大きくて着せられないということ、ありますよね。 全体的に大きければ …