ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

洋服を作る仕事に必要なことと基礎知識

   

ミシン糸
おしゃれが大好きな人なら誰でも、服をつくる仕事がしてみたいと一度は思ったことがあるのではないでしょうか。
ぱっと思いつくのは花形のデザイナー?
服をつくるというと、流行を提案する仕事というイメージがあるかもしれませんが、ファッションの流行の知識以外にも必要なことがたくさんあります。

服ができるまで

一着の服を作るのには、まずどんな人がどんな場面で着るのかを想定します。
着る人の性別・年齢、着て行く場所、季節が決まったら、どんな雰囲気にしたいかを考えます。
そして素材を決めてデザインして、型紙を作り、縫製して、販売する…という流れになるのですが、企業に属している限り、一人の人がすべての工程を行うことはありません。
デザインを考えるデザイナー、型紙を作るパタンナー、縫製する人…そのほかに布や資材等を管理し納期を調整する生産の人、販売する人など、アパレル会社には色々な役割の人が働いています。
そのため各部署との連携が非常に大事になってきます。

服づくりは一人でする仕事ではないのです。
たとえ自分で会社を興しすべての工程を一人で担うとしても、布や糸、ファスナーなど材料をどこかから仕入れなければなりませんから、意外と人とのやり取りのある仕事です。

服づくりに必要なスキル

ファッションの仕事というと、流行に敏感なことが大事かと思われるかもしれません。
もちろん、流行を感じ取るセンスも必要ですが、それだけでは服づくりを仕事としてやっていくのには十分ではありません。

服には、人の体を守る、そして着る人と周りの人の気持ちに影響を与える役割があります。
そのため見た目のデザイン以外にも、素材、サイズ感など選択することはたくさんあります。
単に服づくりと言っても、色々なことを考慮して、たくさんの要素を盛り込むことが出来るのです。

上記のことから服づくりに必要な要素をいくつか挙げてみましょう。

歴史の知識

主に服飾史。いつからどういった経緯でどんな服を着るようになったか。
よく見かけるデザインも、意味があってそうなっていることがわかり、それを現代の生活に合わせて変化させるためにも、歴史を知ることは重要。

色に関する知識

色が人に及ぼす影響など。色は心理学にも深いつながりがある。

素材に関する知識

様々な気温や湿度に適した素材を選べるように。また、肌に優しい素材、環境問題を考慮した素材など。

実に様々な知識が服づくりに役立つことがわかりますね。
また、最初は何も知らずに服づくりの仕事に就いたとしても、いつの間にかこれらの知識が身に付き、おしゃれ以外にも興味の幅がぐんと広がっていることでしょう。

 - 洋裁

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

おすすめの子供服型紙屋さん ~パンツ編中級~

初級編に続き中級編です。 初級編にくらべてパーツもだいぶ増えるので裁断も大変にな …

手縫いでもできる!子供服をサイズアップする基礎テクニック【洋服のリメイク方法】

我が子の成長は嬉しいけれどワンシーズンごとに服を新調するのは大変。もうサイズアウ …

子供服のハンドメイド本でおすすめ紹介

昔の映画を見ていると、母親が子供のために服を作っている場面がでてくることがありま …

ミシンで作る!バッグの作り方の流れと道具

素敵な生地を見つけると、夢が膨らみます。 エプロンやクッションカバー、バッグもい …

ソーイングミシンの糸の種類を解説

ミシンソーイングをする際、生地にあった糸を選ぶことで仕上がりが綺麗になります。 …

ミシンで作る!型紙要らずのお揃い子供洋服

服を作るときに一番面倒な作業は型紙つくりではないかと思います。 最近では身長や、 …

ミシン糸を上手に保管・収納するコツ

生地の色に合わせてどんどん買い足して増えていくミシン糸。 おまけに下糸をボビンに …

手作り子供服で女の子が喜んできてくれるものは?

最近の子供は男の子も女の子もオシャレですね。大人が負けちゃうくらいこだわりを持っ …

収納力抜群!ソーイングバッグの作り方【持ち運びGood】

家の中でソーイングを楽しむことはもちろん、外出先でもソーイングをしたいと考えたこ …

パイピング仕上げで高級感を♪初心者でもできるバッグ縫製

初心者でもちょっとの工夫で、お店に売っているようなバッグが作れます。 今回は、使 …