ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ハンドメイド雑貨を作る人ってどんな人?作家さんに突撃インタビュー

   

int2

初めてハンドメイドに挑戦したのはいつですか?

私の母が編み物が得意だったのもあり、小学生のときは鎖編みやリリアンでよく遊んでいました。

中学の授業で数ヶ月だけ「手芸」の授業があり、お花のモチーフを習いました。それをきっかけにかぎ針の使い方、編み方を覚え、自分で作ろうと思って初めて兆戦したのはかぎ針で編む「マフラー」でした。最初のうちは糸を引く強さが一定せず、幅や硬さがバラバラでした。めげずに色々と編むうちに上達していきました。

ミシンは子どもが産まれて、幼稚園グッズを作る時に始めて、それをきっかけに何でも作ってみようという趣味になっていきました。ミシンを使うのは高校の授業以来でしたが、ネットや本を見ながら試行錯誤し、分からないところは母に習いました。

ハンドメイド歴はどの位ですか?また、今まで使った作品について教えて下さい。

編み物は20年弱、ミシンは6年くらいです。毛糸よりもレース編みが場所をとらないので好きです。妊娠中に安静にしなければならなかったので、レース糸でベビー用品や、ドイリー、編みぐるみ等を作りました。リクライニングのベッドにもたれながらできるので、「レース編みが出来てよかった。」と思いました。

ミシンではお弁当袋やレッスンバッグから始まり、スカート、ワンピース、ベストなどの親子お揃いの服や、ベビーカー用シート、チャイルドシートカバー等、色々とチャレンジしました。お揃いの服は子どもたちがとても喜んでくれるのでつくりがいがありました。

作品を誰かにプレゼントした事はありますか?

int1
子どもの誕生日にアンパンマンの編みぐるみをプレゼントしたことがあります。市販の作成キットを使いました。また、同じ編み図を利用してレース糸で編んだところ、手のひらサイズのとても可愛い編みぐるみが出来上がり、友達に赤ちゃんが生まれるたびにプレゼントしていました。ただ、製作に丸1日はかかり、なかなか大変でした。皆さんベビーカーに取り付けてブラブラと飛んでいるようなおもちゃとして使ってくれました。街中でも可愛いと声をかけられると大評判で、私も嬉しかったです。

作品を販売した事はありますか?又はしたいと思ったことはありますか?

作品という訳ではありませんが、近所のお箸屋さんから頼まれて「携帯用お箸入れ」を作って販売したことがあります。お客様の手のサイズに合わせたお箸を作っているお店なので、大きさの調節の効くものを作りました。外国のお客さんも多く、和風にこだわって作りました。

ハンドメイドはどの位好きですか?今後はどのように取り組んでいきたいですか?

ハンドメイドは気分転換でもあり、必要なものを作れますし、家にある布を使えば節約にもなる、一石二鳥、三鳥の趣味で大好きです。

子どもがまだ小さいのでお揃いの服を作ったり、幼稚園で使うものを作ったりしています。幼稚園のバザーに出すエプロンや髪飾りを作るのは、楽しい時間です。手芸店で布や毛糸の福袋を買って、それを見て何を作るか考えるのも面白いです。

しかし、子どもが大きくなるにつれ、他のことに時間を取られるようになってきて、製作スピードは遅くなってしまいました。だからこそ出来上がりが楽しみでもあります。

今後も生活が楽しくなるような服や小物を作っていきたいです。

 - インタビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした