ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ヘンプアンクレット(足飾り)の編み方【初心者にも簡単な作り方】

   

4604-2
アンクレットとは、足にする装飾品の事です。
夏になるとサンダルや素足になることが多くなるので、さりげなくアンクレットで足首を飾りませんか?
でも、アンクレットってあまり売っているのを見かけませんよね。ミサンガをそのまま結んでいる人もいますが、せっかくなので自分で作ってみましょう!

サイズの測り方

足全体を地面につけます。
この時足首は地面に対して90°になるようにしてください。
そしてメジャーでくるぶしのすぐ上を1周図ります。この時メジャーを締めすぎないようにしてくださいね。
メジャーがない人は柔らかい紙を帯状に切り、同じように足首にまきましょう。
重なっているところに印をつけてその間を定規で測れば長さがわかります。この長さに+1cmした長さがアンクレットのサイズ(アジャスターを除く)になります。

もし、足がむくみやすい人はむくんでいる時にはかってください。身に着けるものなのできつすぎると血行不良になったりしますので注意してください。

因みに私は足首20cmだったので+1cmして21cmになります。

次に留め具についてですが、金具を使ったりミサンガのように結んだりといろいろな方法があるのですが、今回はアジャスターを編んで長さ調節ができるようにしました。

なのでアジャスターの部分も測ります。紐を足首に巻いた状態からゆっくりカカトの方に滑らせて足首が通過するまで緩めてください。

カカトまで滑らせたら、足からはずしてその輪の長さを測ってください。これがアジャスターまで含めたアンクレット全体の長さです。

私の場合は30cmでしたので、アンクレット全体の長さが30cm、飾りの部分が21cm、アジャスターが9cm(左右に分けるので4.5cmずつ)になります。
これで計測が終了です。

今回はこんなデザインのアンクレットを作ってみたいと思います。

材料

今回はワックスコード(または蠟引き)と呼ばれる紐を使用しました。
この紐は蝋でコーティングされているので、紐の毛羽立ちが少なく、ライターやコテなどを使用して焼きとめることができます。
ハリもあるので編み目も綺麗に仕上がりますが、紐が蝋でべたつくのが難点です。
ただ使用しているうちに馴染んでくるので、そこまで気にしなくてもいいと思います。編んでいる最中に紐にごみが付かないように気を付けてください。
今回は貴和製作所さんのブラジル製ワックスコード(幅約1mm)を使用しています。

  1. 芯紐・・・40cm×2本
  2. 結び紐・・・180cm×1本を各色
  3. ビーズ・・・写真の大きい方は使っていません。小さい(7mm)のを5コ使用しました。


このほかに、はさみ、ライター、コルクボード(作業台)、ピン、マスキングテープを使用しています。

編み方

今回はこのようなデザインで作りました。アジャスターの端のひと結び以外、すべて平結びで作っています。

1.まず芯紐2本を合わせて10cmのところで軽く結び作業台に固定します。写真では、短い方の紐はしばらく使用しないので巻き込まないようマスキングで留めています。

2.白い紐の中心を出します。紐を半分に折りピンと張って折れたところが中心です。その中心を芯紐の下に持っていき、ここに平結びをします。
平結びの方法を解説します。まずaを左に渡し、その上にbを乗せます。

 - ミサンガ・ヘンプ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ヘンプのねじり編みの編み方【写真を見ながら簡単にできる!】

ねじり編みは、よく使われる基本の編み方の一つです。アクセサリーやストラップなどで …

ヘンプ・マクラメの編み方15種類を写真で紹介!

マクラメにはたくさんの結び方があります。 しかし、作り方の載っている本を買っても …

マクラメ・ヘンプの無料レシピサイトをご紹介します。

マクラメは紐と少しの道具があれば、アクセサリーから雑貨まで何でも作れるのが魅力。 …

簡単にできるミサンガのキット3選!これは初心者におすすめ!

ミサンガは作り方を覚えてしまえば、簡単に作れることのできるおしゃれアイテムです。 …

売れるの?手作りしたミサンガを売ってみよう!

自分でも作れそうだからとミサンガを作り始め、面白くてたくさんのミサンガを作りまし …

ミサンガの編み始めどうしてる?本数が多い時の結び方

ミサンガの模様には様々あります。作り方の本もたくさんありますが、慣れてくるとオリ …

ミサンガ作りにあったら便利な道具リスト

かわいいミサンガを見つけた! 意外と簡単に作れるらしい! 作ってみたい! と思っ …

ヘンプ・ミサンガの巻き結びの編み方【写真付き説明】

巻結びは、マクラメでよく使われる編み方です。 文字入りのミサンガはこの巻結びを組 …

編み方紹介!4色(4本)で編むミサンガの作り方

4本の糸を使ってミサンガを作りましょう。 三つ編みはできる方が多いと思いますので …

ミサンガ作りに最適な刺繍糸

ミサンガを作るときには、一般的に刺繍糸を使います。 ほかにもリリアンやヘンプ(麻 …