ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

[中級者向け]毛糸の帽子の編み方

   

nittobou2
長々編みで毛糸の帽子を作りましょう。初めて作った理由は、耳までカバーするものが欲しくて…編み図はなく、自分や子どもの頭に合わせながら、編み進めていきました。
nitto1
編み始めは下から4センチくらいのところです。

1、頭を1周する長さの鎖編みを編み、引き抜き編みをして輪にします。

2、写真では立ち上がり鎖4目をして、長々編みを4目、鎖1目を繰り返して一周し、引き抜き編みでくっつけています。(ところどころで鎖編みをすると、仕上がりが軽くなるためです。機密性の高いものが良い場合はすべて長々編みが良いです。)

3、立ち上がり自分の頭の大きさに合わせ、4~5段同じように編んだら、次の段から「2目一度」の長々編みをし、段毎に減らしていき、丸くします。最後12目くらいになったら「6目一度」をして糸を絞って帽子の頂点にします。

4、耳当ての部分に糸を付け、引き抜き編みをして、編んでいきます。長々編みを平編みで往復していき、段毎に両端を「2目一度」で減らして半円のような形にします。

5、両耳当てが編めたら、おでこと後頭部の部分を調整します。耳当ての間を、写真ではこま編み、鎖編みと繰り返し、次の段では前段の鎖編みの部分にこま編みをあんで、「市松模様」のようにしています。欲しい長さになるまで繰り返します。

6、帽子の頂点の部分にポンポンをつけます。ポンポンは小さいメモ帳などに毛糸をぐるぐると巻きつけ、メモ帳を外して真ん中を同じ毛糸で堅結びします。両端の沢山の輪になっているところをはさみで切れば出来上がりです。同じ毛糸で頂点に縫い付けます。

7、耳当ての下には毛糸3本取りで作った三つ編みを飾りでつけています。

前後が同じでもいいですし、こま編みをするときに長さを変えて、後頭部をより暖かい形にすることもできます。
毛糸で帽子を作る良い点が、失敗したり、サイズが合わなくても、解いてやり直すことができるという点です。何度か調整するうちに、編み図なしでもオリジナルの帽子が作れます。

 - 編み物

  関連記事

活用しなくちゃもったいない!編み物女子必見のオススメ無料編み図サイト5選

編みモノ女子の皆さんこんにちは! 書店にたくさん並ぶ編み物本も気になりますが、イ …

かぎ針編み物で帽子を作ろう!無料編み図紹介中

これから冬本番ですね。そんな時に大活躍するのが、暖かい毛糸の帽子です。 今回は、 …

刺繍糸でミサンガの作り方と利用法

1.刺繍糸(手首に巻くには80センチくらい)を6本(太いのがいい場合は8本)用意 …

道具不要!すぐ始められる初心者向け編み物キット6選

「編み物をはじめてみたいけど、道具や材料、教本を揃えるのはハードルが高い」「キッ …

【小物編み物】かぎ針編み好きにおすすめのブログ3選!

かぎ針編みのブログの紹介をいたします。 おすすめその1 私の一押しは「ATELI …

編み物初心者の方向け!棒針の作り目3種類

棒針を使うときの作り目の説明をしたいと思います。作り目にはいくつかの方法がありま …

編み物で円形に編む方法を解説します。

覚えておくといろんなところで使える円の編み方。 今回は簡単にコースターを作ってみ …

おすすめ手芸サイト『無料の編み図・型紙編』

私は何か作りたいものがあると、「まずは無料の編み図や型紙がないかネットで探す」を …

平編み(細編み)の編み方。正方形や長方形に編んでみよう!

編み物を始めた人は、編み図で記号が沢山出てくると、よく分からなくなってしまうこと …

簡単カワイイ編み物♡かぎ針編みのオススメ編み図【無料6選・有料2選】

編みモノ女子のみなさんこんにちは! 基本の編み方を覚えたら、さっそく作品づくりを …