ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

[中級者向け]毛糸の帽子の編み方

   

nittobou2
長々編みで毛糸の帽子を作りましょう。初めて作った理由は、耳までカバーするものが欲しくて…編み図はなく、自分や子どもの頭に合わせながら、編み進めていきました。
nitto1
編み始めは下から4センチくらいのところです。

1、頭を1周する長さの鎖編みを編み、引き抜き編みをして輪にします。

2、写真では立ち上がり鎖4目をして、長々編みを4目、鎖1目を繰り返して一周し、引き抜き編みでくっつけています。(ところどころで鎖編みをすると、仕上がりが軽くなるためです。機密性の高いものが良い場合はすべて長々編みが良いです。)

3、立ち上がり自分の頭の大きさに合わせ、4~5段同じように編んだら、次の段から「2目一度」の長々編みをし、段毎に減らしていき、丸くします。最後12目くらいになったら「6目一度」をして糸を絞って帽子の頂点にします。

4、耳当ての部分に糸を付け、引き抜き編みをして、編んでいきます。長々編みを平編みで往復していき、段毎に両端を「2目一度」で減らして半円のような形にします。

5、両耳当てが編めたら、おでこと後頭部の部分を調整します。耳当ての間を、写真ではこま編み、鎖編みと繰り返し、次の段では前段の鎖編みの部分にこま編みをあんで、「市松模様」のようにしています。欲しい長さになるまで繰り返します。

6、帽子の頂点の部分にポンポンをつけます。ポンポンは小さいメモ帳などに毛糸をぐるぐると巻きつけ、メモ帳を外して真ん中を同じ毛糸で堅結びします。両端の沢山の輪になっているところをはさみで切れば出来上がりです。同じ毛糸で頂点に縫い付けます。

7、耳当ての下には毛糸3本取りで作った三つ編みを飾りでつけています。

前後が同じでもいいですし、こま編みをするときに長さを変えて、後頭部をより暖かい形にすることもできます。
毛糸で帽子を作る良い点が、失敗したり、サイズが合わなくても、解いてやり直すことができるという点です。何度か調整するうちに、編み図なしでもオリジナルの帽子が作れます。

 - 編み物

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

編み物って楽しい!かぎ針編みの編み方基礎編

編み物を始めてみたいけど、何から始めたらいいのかわからないという声をよく耳にしま …

編み物で作るアクセサリー

かぎ編みで小さなお花のモチーフを作ります。レース糸や、細い毛糸で作るとかわいらし …

minneで見つけた!めちゃかわいい編み物・小物

編みモノ女子の皆さんこんにちは! 今話題のminne、皆さんも一度は耳にしたこと …

[編み物作品紹介]かぎ針で編むソックス(赤ちゃん用靴下)

立体を編んでいくのは少し難しく感じますが、編み方は「こま編み」「長編み」「鎖編み …

編み物の基本を学ぶ本なら?おすすめの「棒編み」と「かぎ編み」の書籍

編み物に興味はあるけれど、何からはじめたら良いか分からないという話をよく聞きます …

[編み方]長編みだけで作るキッズ用手編みマフラー[子供用長さ短め]

小さい子どもがいる人には、「長いマフラーは危険」と思う人が多いのではないでしょう …

編み物初心者の方向け!棒針の作り目3種類

棒針を使うときの作り目の説明をしたいと思います。作り目にはいくつかの方法がありま …

ベビー用品の無料編み図が掲載されている編み物ブログ

有名な作家さんの作品から手作り大好きな方からの投稿作品など多くのブログがあります …

[編み物]初心者さんでも編めちゃう!赤ちゃんに編んであげたいオススメのベビーグッズ4選

小さくて可愛いベビーグッズは、見ているだけでも幸せになってしまうもの。 毛糸やレ …

鎖編みとこま編みで作るシュシュ

糸の色を変えるときに、糸を編みくるんでいく方法を覚えましたね。今回はその応用編で …