ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

かき編み上達のための、色替え練習と虹のモチーフ作り

   

komaami2-2
こま編みをしながら、途中で糸の色を変えてみましょう。

編み方はこま編みです。
糸の色を変えるときは、次の段の立ち上がりの手前で行います。
img6
1:最後の一目の細編みの部分ですが、まだ2つの輪を引き抜いていない、この状態から、違う色の糸を針にかけます。
img7
2:引き抜くとこのように、次の段に前の色(写真では水色)が出ることはありません。
前の糸は写真のように5センチほどのところで切ってしまいます。新しい糸の端もこのように揃えておきましょう。
img8
3:細編みで拾う細編み(鎖の形)の上に糸の端を揃えておき、一緒に編みくるんでしまいます。糸を変えて始めのこま編みは、糸の端もしっかりと左手の指で押さえておきましょう。
一目編んでしまえば抜けてしまうことはないので大丈夫です。
編みくるまずに、後から裏側の編み目に通していく方法もありますが、編みくるんでしまう方が断然楽です。
img9
4:色を変えた段はこのようになります。糸の端も見えなくなり、綺麗に仕上がりますよ。

では次に×の下にVがついている編み目記号を説明しましょう。
これは「こま編み2目を編みいれる」という記号です。
こま編みを編んだ同じところに針を指して、もう一度こま編みをします。
img10
この虹のモチーフを編み図にするとこのような形になります。
img11
ところどころに「こま編み二目編みいれる」をすることで、横幅が広がっていきます。編み始めの鎖編みをカーブさせるとこのような形になります。
余り糸で簡単に編めるモチーフです。下にリボンを輪にして縫いつけ、制服の名札用ワッペンとして使えます。この虹のモチーフの製作時間は1時間弱です。
市販の名札用ワッペンは、キャラクターがお友達とかぶってしまったり、意外と高かったりするのですが、手作りのこのモチーフは子どもにも、先生方にも好評でした。

手芸の本からかわいいものを見つけ、完璧に作ろうと最初に意気込んでも、なかなか思うようにいかなかったり、難しくてリタイアしてしまったというのはよく聞く話です。

小さなものから徐々に大きな作品にステップアップしていくのが、かぎ編み上達の近道です。

 - 編み物

  関連記事

編み物初心者でも簡単!かぎ針縫い小物の作り方「お花モチーフ編」

お花のモチーフ 細編みとくさり編みを使って編む、かぎ針編みの基礎がたくさんつまっ …

[編み物作品紹介]かぎ針で編むソックス(赤ちゃん用靴下)

立体を編んでいくのは少し難しく感じますが、編み方は「こま編み」「長編み」「鎖編み …

[中級者向け]毛糸の帽子の編み方

長々編みで毛糸の帽子を作りましょう。初めて作った理由は、耳までカバーするものが欲 …

編み物の初心者さん向け!棒針について分かりやすい説明

棒針の持ち方 編み物はかぎ針でも棒針でも効率のいい持ち方があります。 棒針には「 …

[初心者向け編み物]ぶきっちょさんでも大丈夫!カンタン指編みのマフラー

編み物って難しそう… 道具を揃えるのが大変そう… いえいえ、そんなことはありませ …

[編み物]かぎ針編みでぬいぐるみ

冬になると毛糸が恋しくなります。 おばあちゃんと一緒に、教えてもらいながら、お話 …

レース編みを始めよう!意外と簡単な基本の編み方とコースターの編み方

レース編みって繊細で可憐で、幼い頃から憧れでした。とっても綺麗で可愛くて、いつま …

【編み物】マフラーの編み終わりってどうするの?美しく編み目を止める4つの方法(終わり方)

基本の編み方さえ押さえていれば、好みの幅でサクサク編んでいけるマフラー。 でも… …

編み物好き向け!エコたわしの作り方♪

水だけで汚れがきれいに落ちるというエコたわし。 形や編み方もいろいろな物が紹介さ …

手作りのニットの紹介~セーター~

子供用のウールのセーターが欲しかったのですが、市販ではなかなか気に入ったものが見 …