ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

平編み(細編み)の編み方。正方形や長方形に編んでみよう!

   

komaami1-2
編み物を始めた人は、編み図で記号が沢山出てくると、よく分からなくなってしまうことがあるでしょう。
そこで、今回はこま編みだけを使って形にしていきます。
鎖編みと細編みができると、四角く編めるようになります。
大きく編めば鍋敷き、小さく編めばコースターになりますし、アクリルの毛糸で編むと「アクリルたわし」という油汚れに強いたわしとして使えます。
それでは編んでみましょう。

1:作りたい大きさの底辺になる幅になるように鎖編みをする。※鎖編みは鎖(くさり)編みの編み方を初心者にも簡単解説!をどうぞ。
img1
2:上方向に伸ばしていくため「立ち上がり」分の鎖編みを1目したら、その手前の鎖に針を入れます。この時下に糸が1本、上に2本になるように針を入れると、鎖が伸び難く、綺麗に仕上がります。シマシマになるように編みたい時などに、針を入れる場所を変えることがありますが、まずはこの場所に入れて慣れると良いでしょう。
img2
3:糸をかけて針を入れたところから1本引き出します。引き抜き編みとの違いは、もともと針にかかっていた輪の手前で引き抜くのをとめることです。すると、上の写真のように、針に2つの輪がかかっている状態になります。
img3
4:針に糸を引っ掛け、針にかかっている2つの輪を一気に引き抜きます。これでこま編みが1目完成です。編み図では×マークで表されています。ごくまれに+マークの場合もあります。
img4
5:隣の鎖に針をいれ、繰り返していきます。
img5
6:端まで編めたら、針を動かさないように固定し、編んだ部分を針の後ろから回すようにして裏表を逆にします。上の写真は表裏を返し終わったところです。
平編みのときはたいてい右から左の方向に編んでいきます。
ここでも立ち上がりの1目を鎖編みします。

編みたい大きさになるまでこま編みを一段編んでは立ち上がるを繰り返していきましょう。

 - 編み物

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

帽子の編み物って絞り方が難しい!そんな時はコツをマスターしよう!

ニットの帽子を作る時、なるべく簡単に作りたい場合は、棒針や輪針で筒状に編んでトッ …

初心者でも簡単!あみぐるみの作り方

あみぐるみは、立体になっているとはいえ、ほとんどが 「こま編み」「こま編み2目を …

編み物初心者さんにおすすめ!かぎ針縫いの動画で基礎を学ぼう!

実際に見て、作って、分かりやすかった動画を4つご紹介します。 カンカン帽 この動 …

編み物初心者でもわかる!説明が分かりやすい「かぎ針編み」のブログ3選

これからかぎ針編みを始める方、始めたばかりの方におすすめしたいブログをご紹介しま …

レース編みに使う道具と材料のこと

レース編み、始めてみたいけど複雑で難しそう。 あんなに複雑な模様がいろいろ作れる …

基本の編み方を覚えたら次のステップ! 初心者向けのおすすめレース編み無料図案

レース編みの基本の編み方を一通り覚えたら、やっぱりいろんな作品を作ってみたくなり …

初心者向け編み物:編めるマフラーの見極め方とおすすめ無料編み図集

マフラーは、「増やし目」「減らし目」といった編み物初心者の最初の難関がなく、挑戦 …

編み物初心者でも簡単!かぎ針縫い小物の作り方「お花モチーフ編」

お花のモチーフ 細編みとくさり編みを使って編む、かぎ針編みの基礎がたくさんつまっ …

初めてハンドメイド(編み物)をしたのはいつですか?

初めてハンドメイドをしたのはいつですか? 初めてハンドメイドと言えるものを作り始 …

編み物の基本を学ぶ本なら?おすすめの「棒編み」と「かぎ編み」の書籍

編み物に興味はあるけれど、何からはじめたら良いか分からないという話をよく聞きます …