ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ヘンプの編み方!平結び編【初心者にも簡単、写真付き】

      2016/09/04

3956-2
平結びは大変ポピュラーな編み方の一つで、ブレスレッドやストラップなどでよく見かけます。紐の色やビーズの使い方次第でグッと印象が変わるので、デザインの幅がぐっと広がります。ぜひ、様々な紐やビーズで試してみてください。

写真は説明しやすいように異なる色の太い紐を使用しています。

今回使用したもの(必要なもの)

  • ①赤紐 ②青紐・・・外側の紐。表に出る色です。
  • ②紐・・・芯紐。2本並べます。
  • ③コルクボードと⑤ピン・・・紐を固定や「ここに結び目を作りたい」という時のガイドに使用しています。ない場合はマスキングテープでテーブルに固定する方法でも大丈夫です。
    また専用の物(1cm方眼が印刷されている)も販売されていますが、写真の物は100円ショップseriaで売られている厚手(28mm)のコルクと虫ピンです。
  • その他に、はさみ(よく切れるもの)を使用しました。

編み方

写真のように紐を並べます。

赤紐を芯紐(白紐)の上に置きます。写真のように少しカーブを描くように置くと後々わかりやすいです

青紐を赤紐の上にまっすぐ置きます。青紐は赤紐の上になります。

青紐の先端を持って芯紐の下を通し、反対側へ渡します。

青紐の先端を②でできた赤紐と芯紐の間から下から上に通し、赤紐の上に置きます。

形を整えます。写真のような形になるまで搾ってください。これで1段目ができました。

赤の紐を芯紐の上に置き、反対側へ渡します。

青紐を赤紐の上にまっすぐ置きます。青紐は赤紐の上になります。

青紐の先端を持って芯紐の下を通し、反対側へ渡します。

青紐の先端を赤紐と芯紐の間から下から上に通し、赤紐の上に置きます。

赤紐・青紐をそれぞれ引っ張って結び目を引き絞りつつ1段目に寄せます。

しっかり絞って写真のような形になれば平結び(左上平結び)が1コ完成です。

これを必要な長さまで繰り返します。
連続するとこんな感じの見た目になります。

綺麗に結ぶためのコツ

同じ力で引き締める。

一気に引き締めようとせず、結び目を見ながら引き締めると綺麗にできると思います。

芯紐は常にまっすぐ絡まないようにする。

平結びを2コ目以降編んでいくと、芯紐が浮いたり、捩れたり、外紐で芯紐を挟んだりすることがあります。その場合はきちんと戻してから絞ってください。芯紐が絡むとせっかく結び目を綺麗にしても、ガダガダになってしまいます。

平結びを一個編んだら網目を軽く押し上げる(2コ目以降から)

平結びができたら指で軽く結び目を押し上げて隙間を詰めてください。隙間を詰めることで間隔が均等になり、結び目が綺麗になります。もし結び目が乱れたらその都度整えてください。

 - ミサンガ・ヘンプ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

簡単にできるミサンガのキット3選!これは初心者におすすめ!

ミサンガは作り方を覚えてしまえば、簡単に作れることのできるおしゃれアイテムです。 …

ミサンガの終わり方(編み終わりの方法)を写真で紹介!

やっと作ったミサンガも最後の作り方でさらにオリジナリティを出すことができます。い …

ミサンガ初心者でも簡単!ななめ巻き結び編みでエイトマークの作り方!

ミサンガは糸を結んで作っていきますが、その結び方は、大きく分けて三つあり「ななめ …

ヘンプやミサンガのつゆ結びの編み方【写真付き説明】

つゆ結びは、しっかり結べて緩まない結び方です。 ストラップの編みはじめや、連続し …

マクラメ・ヘンプの無料レシピサイトをご紹介します。

マクラメは紐と少しの道具があれば、アクセサリーから雑貨まで何でも作れるのが魅力。 …

失敗しないミサンガやヘンプの玉留めのやり方【写真解説】

玉留めは糸端の処理から装飾まで使える便利な編み方ですが、途中で紐がどうなっている …

男性用ミサンガの最適な長さは?手首サイズに合わせて用意すべき糸の長さ

せっかくミサンガを一つ一つ巻き結びして作ったのに、もしも長さが足りなかったらとて …

ヘンプアンクレット(足飾り)の編み方【初心者にも簡単な作り方】

アンクレットとは、足にする装飾品の事です。 夏になるとサンダルや素足になることが …

ミサンガ作りにあったら便利な道具リスト

かわいいミサンガを見つけた! 意外と簡単に作れるらしい! 作ってみたい! と思っ …

編み方紹介!4色(4本)で編むミサンガの作り方

4本の糸を使ってミサンガを作りましょう。 三つ編みはできる方が多いと思いますので …