ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

簡単!初心者向けビーズアクセサリーのレシピ【作り方の説明】

   

2935-2
キラキラしたビーズ。見ているだけでワクワクしますよね。
手作りビーズアクセサリーのいいところは、自分の持っている服に合わせて自由に作れるところです。
学校や会社につけていけるシンプルなものから、ドレスアップしたときのおしゃれなものまで、作れるようになると様々なものが作れるようになります。
ですが、「初心者だから」と作るのをためらっている方が気になるのは、「自分で作りました」という手作り感があふれることではないでしょうか。
テグスと呼ばれるビーズ細工で使う糸のゆるみや攣りなどは慣れでしかないと思いますが、伸縮性のあるテグスを使うと簡単に可愛らしいアクセサリーを作ることができます。

簡単ブレスレット

材料

ゴムテグス(伸縮性のあるテグス)…30センチ
お好きなビーズ…15センチ分

作り方

お好きなビーズをゴムテグスに15センチ通して、両端を結んで切るだけです。

コツ

材料では1重分のテグスの長さを表記しています。
ビーズの穴の大きさにもよりますが、強度を上げるためにはテグスを2重にした方が丈夫に作れます。

一つ作ればまた作りたくなるのが手芸のすごいところ。
ビーズアクセサリー作りに必要な道具を紹介しておきましょう。

道具

  1. やっとこ
  2. ニッパー
  3. ペンチ
  4. 定規

です。
他にも、ビーズボードやビーズ針などもありますが、最初のうちはこの四つがあれば大概のものが作れるでしょう。

材料には9ピンやTピン、つぶし玉、まるカンと言った聞きなれないものもたくさん出てきます。
そういったものも、この四つがあれば使いこなせます。
また、初心者の方ほどいい材料を使いましょう。安い材料は、ビーズの大きさがまちまちだったりプラスチック製だったりして出来上がりのクオリティが下がってしまいます。
プラスチック製のビーズはガラスや天然石に比べて当然見劣りがします。
それと慣れた方ならビーズを個数ではなくセンチで計算したりするのですが、たいていの作り方の本ではビーズは個数で書いてあります。ですから、値は張りますがビーズのサイズが揃ったものを選ぶのが良いでしょう。

ご紹介したブレスレットはお子様でも作れるようなレシピです。
でも作るならお店に売っているようなものを作りたいですよね。
そのためには道具を使いこなせるようにならなければなりません。
最初は9ピンやTピンを丸めるのもうまくいかないでしょう。しかしこれはいくつも作って、慣れていくしかありません。
しかし作り方を見れば意外と簡単なものが多いです。だって基本はビーズに糸を通すだけなのですから。
いろいろ作ってみて、憧れのオリジナルアクセサリーを作ってみましょう。

 - ビーズ

  関連記事

愛犬家必見!かわいいビーズリードの作り方(ワンコ用)

リードは愛犬とオーナーつなぐものですが、最近リードを革製のものではなく、ビーズな …

ビーズアクセサリーの販売はどうするの?

創作系の趣味というのは、創作したものが手元に残ってしまうというのが難点と言えば難 …

手軽に手作りして、気軽にプレゼント出来る小物・・ビーズストラップ

私は、ストラップなどを作ってはちょっとしたお礼にプレゼントしたり、久しぶりに会う …

簡単!ビーズでお花モチーフの作り方(+参考動画)

ビーズアクセサリーを作る際には、道具やパーツの使い方ももちろん大事になってきます …

ビーズで簡単に作れる手作りアクセサリー[作り方の説明]

コロンとしたトップでボリューム感のあるネックレスの作り方をご紹介します。 材料 …

子どもでも簡単!キッズ用ビーズアクセサリーキットで親子で楽しくブレスレットやリング(指輪)を作ろう!

子どもだけでも簡単に作れるキットや、親子で数時間で作成出来るキットのご紹介です。 …

ハンドメイドのビーズアクセサリーショップおすすめ8選!

作家さんが制作されたビーズアクセサリーって素敵ですよね。 自分ではとても作れない …

おすすめ!手作り小物(ブレスレット)の作り方

今まで作ったビーズアクセサリーの中で特にお気に入りの物は、友達の結婚式に着けてい …

ビーズ刺繍をしてバレッタを作ってみよう!

ビーズでびっしりと彩られた洋服やアクセサリーってキレイですよね。小さくて細かなビ …

これからビーズアクセサリーの作り方を学ぶ方へ「作る時に心がけて欲しいこと」

子供のころのビーズ遊びではなく、本格的にビーズアクセサリーを作り始めたきっかけは …