ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

[作り方]UVレジンで作る自分だけのオリジナルアクセサリー[クラフト]

      2016/01/22

このような形で断層を作る事で硬化不足をおこす事なく、奥行きのあるチャームが出来上がります。

ミール皿での作り方

1.ミール皿の場合は、模様の入ったコラージュシートをお皿の形に合わせてカット、両面テープでしっかりと固定します。

2.そこにレジン液をたらし、好みのパーツ、ビーズやチャームを並べます。

3.一度硬化し、固まったらぷっくりとさせる為に表面張力を利用しこぼれおちないようぎりぎりの所までレジンを注ぎます。

4.可愛くぷっくりできたら、UVランプで硬化、完成です。

コツ

うまく綺麗に作るコツとしては、気泡が入ってしまったら二本の爪楊枝で絡めとるように潰すか、ドライヤーの弱の温風で潰します。温風を使う場合はドライヤーでも良いのですがエンボスヒーターがより細かい作業に向いていますのでおすすめとなります。
レジンは固める硬化を利用して流行のビージューピアスやイヤリングも簡単に作る事が出来ます。
クリアファイルに台座つきのスワロフスキー、コットンパールなどを寄せ合わせて組み合わせます。
可愛くバランスが取れたらランプで一度固めます。
その後裏にレジンを薄く塗り菊座を中央に配置、固めます。しっかりと菊座と本体が付いたら、皿がついているピアスやイヤリングをレジンで接着、UVランプでしっかりと固定したら出来上がりです。

とっても楽しい

簡単にお店で売っているようなものが出来ますので試してみて下さい。
レジンには色んな種類があります。慣れてきたら使い分けるとより出来上がりに差が出てくると思います。
ハードタイプはチャームなどの固定に、ソフトタイプはリボンなどを固めた後に緩やかなカーブを付けたり立体的な作品作りにも役立ちます。
グミータイプは、その名の通り、デコスイーツなどのグミやゼリーなどの素材にぴったりだと思います。様々な使い方が出来る便利なレジン、慣れれば作品の幅がぐっと広がりますでたくさん作ってみると良いと思います。

 - レジン

  関連記事

初心者でも簡単!ミール皿を使ったレジンアクセサリーの作り方

4.レジン液を入れ、デザインフィルムをカットして配置します。 爪楊枝を使ってレジ …

レジン作品をキレイに仕上げるポイントとアクセサリー加工に失敗しないコツ

コンパウンド(研磨剤)を使用する場合 コンパウンド(研磨剤)を使用する時は、下処 …

レジンでイヤホンジャックを作ってみよう

9.硬化します。(5分程度) 10.バリ(はみ出してしまった余分なレジン)が有れ …

レジンと合成樹脂の違いは?(エポキシ樹脂とUVレジン液)

では、レジン液とは 最近ハンドメイドで身近に使われるようになった、レジン液とはど …

レジンで作るビジューピアス!材料・準備・作り方

6.透かしパーツにレジン液を乗せ、硬化した5のビジューを乗せます。 7.硬化しま …

レジンで作るかわいいイチゴマカロンとレモンゼリーのストラップ

もし、作ったレジン液で型が満たされなかったときは、もう1度少量色を作るか、色は薄 …

レジン液をマニキュアで着色する方法!2種類紹介!

①濃い色から塗っていきます。 ここでは、ブラックのマニキュアと、トップコートを垂 …

これはおすすめ!レジンに対応出来る格安のUVライト!

UVライト付き ハンディライト ¥1000- 楽天市場 長さ70mmと手のひらに …

レジンの幅が広がる!モールドの作り方!

⑦最後にもう一度、型が入っていた面(凹んでいる面)をUVライト(又は太陽光)に当 …

レジンで簡単な玉(球体)の作り方

5.4に3の半球を乗せます。 ここで、4の時に数ミリ残した型が役に立ちます。 完 …