ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

羊毛フェルトで可愛い「いちご」を作ってみよう

      2016/07/05

3286-2
コロンとした形も可愛い真っ赤ないちご。
スイーツに使うフルーツとして欠かせないものの一つであり、モチーフとして好きという方も多いのではないでしょうか?

いちごは羊毛フェルトでも人気のモチーフで、初心者の方でも比較的簡単に作れるものでもあるんです。

羊毛フェルトのいちごの作り方

1.羊毛の束を15cmほど取り、幅をいちごより少し低いくらいにあわせる。

使用する羊毛は赤い染色羊毛でも中詰でも構いません。
中詰を使用する場合は仕上がりサイズが大きくなるので、これより少なめにしましょう。

デフォルメされたいちごなら、ピンク色でも可愛いですね。

2.羊毛の端を折りたたみ、三角に折り畳んでいく

1で折り畳んだ部分を三角形の1辺になるように斜めに折り、あとは円錐を作る気持ちで折った形に沿ってどんどん折り畳んでいきます。

厳密な三角でなくても構いません。

3.いちごの形に差し固めていく

いちごの重心に向かってニードルを刺すように意識しながら形を整えていきます。

中詰羊毛を使っている場合、しっかりフェルト化したら赤色の染色羊毛で表面を仕上げていきましょう。

また、半割りのイチゴを作る場合はどこか一面はまっすぐにニードルを刺して平面になるようにしましょう。

4.いちごの種を付ける

白ややベージュの羊毛を極少量指で丸め、種を付けていきます。

真っ白で大きな種を付けるとデフォルメされたいちごに、白やベージュで極小さな種を付けるとリアルないちごに近づきます。

半割りのいちごの場合は、白やピンクの羊毛でイチゴの中も作っていきましょう。

5.葉っぱ(ガク)を作る

緑系の羊毛を少量とって5枚の葉っぱ(ガク)を1枚ずつ作ります。指を刺さないように気を付けながら、フチもしっかりフェルト化させましょう。

半割りのいちごなら、3枚程度で大丈夫です。

5枚作れたら葉っぱ(ガク)の先をいちごにしっかり差し止めます。

6.茎を作る

葉っぱ(ガク)と同じ色の羊毛を少量とって好みの長さの茎を作り、葉の中心に差し止めれば、いちごの完成です。

いちごが作れる羊毛フェルトキット

市販されているキットとしては、いちごをデフォルメ&キャラクター化したものと、ケーキのキットのパーツとしていちごが採用されているものの2種類があります。

キャラクター化されたもの


アクレーヌでつくる暮らしの小物【フルーツストラップ】

スイーツ


いちごのロールケーキ(手作りキット1)


いちごのショートケーキ(手作りキット2)


フェルト羊毛キット【イチゴのタルト】

リアルないちごだけのキットというものは残念ながらありませんが、いちごはデフォルメでもリアルでもあまり形が変わりません。
キットを利用してリアルないちごだけを作りたいのであれば、いちごのキャラクターのキットを使ってリアルな質感やバランスを目指すのが良いでしょう。

 - 羊毛フェルト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

飾って可愛い♪使って便利マグネット!羊毛フェルトの磁石の作り方

羊毛フェルトで作った作品でマグネットを作ってみませんか? 小さな作品を冷蔵庫など …

羊毛フェルトで指を刺すのが怖い?なら専用指サックを使おう!

羊毛フェルトをやっていると、初心者でも上級者でもニードルを指に刺してしまうことが …

ナチュラルで個性的!羊毛フェルトの指輪の作り方

羊毛フェルトは、スイーツや人形などの飾って楽しむものだけでなく、指輪やネックレス …

道具も手作り!初心者向け羊毛フェルトボールの作り方

今回は、羊毛フェルトボールを作ってみました。 道具の作り方 最初に道具を作ります …

初心者でも簡単に作れる♪羊毛フェルトの和菓子の作り方

羊毛フェルトで作るスイーツといえば、マカロンやケーキといった洋菓子が連想されるこ …

羊毛フェルトの羊毛は100均で買おう♪各社商品の種類紹介!

羊毛フェルトを続けていくにあたって、ネックになるのは羊毛の価格ですよね。 ニード …

お正月に飾りたい羊毛フェルトの作品アイディア&キット6つ

新しい一年を迎えるにあたって、家中を大掃除して綺麗にしたりお正月飾りを飾ったりし …

ワイヤーを使って骨格のある羊毛フェルト作品を作ってみよう

リアルな動物や人形を作るときに、ワイヤーなどで骨格を作った上に羊毛を巻き付けてい …

初心者でも大丈夫!難易度別おすすめ羊毛フェルトキット9選

不器用でも特別な知識や技術がなくても可愛くできると人気の手芸・羊毛フェルト。 最 …

リアルもデフォルメも♪動物モチーフの羊毛フェルトブログ6選

最近では羊毛フェルトもメジャーになり、珍しい手芸ではなくなってきました。 それに …