ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

フェルトハンドメイド作品を販売してみよう!コツと注意点をご紹介

      2016/12/16

オーダーと制作のタイミング

完成品を出品するのはもちろんOKですが、オーダーを受けてから制作するというやり方もあります。
オーダー制の方が人気で売れやすいのでそちらの方がおすすめですが、いくつか注意点があります。
まずは制作にかかる日数を予め明記しておくこととと、オーダーを受けた作品が完成したら写真を撮り確認してもらうことです。
これらを行うことでスムーズに取引ができます。
トラブルを避けるために、しておくといい大切なことなので是非参考にしてみてください。

梱包するときの注意点

作品が売れたら梱包、発送となるのですがいくら素晴らしい作品でもここできちんとしていないと台無しです。
相手にも悪い印象を与えてしまうので丁寧な梱包を心がけましょう。
紙袋や茶封筒にそのまま入れてしまうのはNGです。
配送が雨の日ではないとしても必ずビニールで先に包んでください。
髪の毛や小さなゴミくずなどの混入にも十分気を付けて下さいね。
「ご購入ありがとうございました。」などのメモを一緒に入れておくととても印象がよく、気持ちのよい取引となりリピーターになってくれる方も多いので小さな心づかいを大切にしましょう!

発送はどのようにするか

梱包が完了すれば、あとは発送するだけです。
値段設定の段階で送料込みにするか別にするかを予め決めると思うのですが、購入希望の方に発送方法も確認するとよいです。
普通郵便などは安価ですが、補償がありません。
相手に補償がほしいと希望された場合は送料の確認とどこの業者を利用するか、あとは必ず問い合わせ番号も伝えましょう。
ほとんどの場合は安価な普通郵便を希望されると思いますので、その場合は補償がないこともひと言書いておくとトラブルにならずに済みます。

さいごに

以上のことを参考にしながら是非ハンドメイド品の販売にチャレンジしてみてください!
慣れてくると楽しく趣味を仕事にすることができ、作品の幅も広がります。
販売してみたい物が決まったらまずは出品してみましょう!

 - フェルト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

意外と知らない「フェルト」のこと。定番から珍しいフェルト生地まで色んな種類をご紹介

「フェルト」は、折り紙のように四角くカットされて販売されているものが多いです。生 …

フェルトでクリスマスを彩りませんか?クリスマスオーナメントの作り方

クリスマスツリーを飾るオーナメント。 市販されているものでも十分かわいいのですが …

”Trick or Treat?” フェルトを使って“Happy Halloween!”【ハロウィンの飾りつけを作ろう!】

ハロウィンはキリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日の前夜祭のこと …

フェルトでハンドメイドマスコットを作ろう!ピカチュウ、ゲットだぜ!

お子さまが夢中になっているものやキャラクターはありませんか? ママがそれを作って …

フェルト手芸をするときの糸は?糸の種類をご紹介♪

フェルトを使って何か作りたいけど、糸ってどうしたらいいのだろう? そんな疑問を持 …

ダイソーでそろえよう!フェルトの種類をご紹介♪

手芸店でフェルトを買うのもいいけど、コスト的にはどうだろう・・・。 そう思ってい …

フェルト1枚使い切り!お花のモチーフのヘアゴムを作ろう♪

「可愛くちょんぼして~!」 わが子からそんなリクエストはされたりしませんか? 普 …

フェルトを使った簡単ハンドメイドクリスマスオーナメント

クリスマスといえばツリーや小物、華やかで可愛いものがたくさんありますよね。 お店 …

フェルトを合わせたり形をつくったりする時の「縫い方」の種類いろいろ

手芸の中でも、比較的簡単に始めることができるフェルトを使った手作り。 柔らかい手 …

くるみボタン+フェルトのイニシャル刺繍ブローチの作り方!ころんとかわいいワンポイント♪

フェルトだけでもころんとかわいいくるみボタン。 そこに「刺しゅうをする」というと …