ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

簡単な作り方紹介!タティングレースのユニークな手作りブレスレット!手書きの編み図付き

   

tatting-bress-2
繊細な編地で人気の高いタティングレースですが、少し工夫するとエスニックな雰囲気のユニークなブレスレットも作ることが出来ます。
ここでは、オリジナルの作り方を1点紹介したいと思います。
DSCN0438

道具

①タティングシャトル1個(有れば2個)
②糸始末用の刺しゅう針
を準備してください。
刺しゅう針が手元に無い場合は、糸端に接着剤を塗ることでも代用できます。

材料

①40番のレース糸2色
②ビーズ1個(8mm)
を使います。

作り方

まず初めに、編み図をご覧ください。
DSCN0442
DSCN0443
どちらも手書きで、初めて書いたものなので見難いかもしれませんが、この後文章でもちゃんと説明するので安心してください。

まず一枚目の編み図についてです。
最初はシャトルだけで編みます。
1.リング、5目・ピコット・5目・ピコット・5目・ピコット・5目、リングを閉じる
2.編地をひっくり返す
3.リング、5目・ピコット・5目・ピコット・5目・ピコット・5目、リングを閉じる
4.編地をひっくり返す
5.リング、5目・ピコットをつなぐ・5目・ピコット・5目・ピコット・5目、リングを閉じる
6.好きな長さから3cm引いた長さになるまで4、5を繰り返す
7.糸始末をする

次から糸玉の糸も使います。
1.色を変えて前の段のピコットにつける
2.ブリッジ、3目・ピコット・3目・前の段のピコットにつなぐ
3.ぐるりと一周するまで2を繰り返す。
ここまでで1枚目の編み図の分が出来ました。

二枚目の編み図に移ります。
1.左下のピコットに糸をつなぐ
2.ブリッジ、10目・最初の段の渡り糸につなぐ
3.上下をひっくり返す
4.ブリッジ、10目・周囲のピコットにつなぐ・10目
5.端まで3、4を繰り返す
ここは解りにくいと思うので、写真をもう1枚載せておきます。
DSCN0437
こんな感じで、周囲のピコットを一つ飛ばしにつなぎます。
そして、
1.二枚目の編み図を編み始めたピコットに糸をつなぐ
2.ブリッジ10目・リング40目・ブリッジ10目・ピコットにつなぐ、糸を切る
3.新しい糸でリング、10目・反対側の端のピコットにつなぐ・10目、リングを閉じる
4.10cmほど残して糸を切る
5.切った糸をビーズに両側から通して結ぶ
6.好きな長さに切ったレース糸を、結び目とビーズの間に通して結び、長さを整える
7.糸始末をする
以上で完成です。

後半が少しややこしかったかもしれませんが、難しいテクニックは何も使っていません。
基本の目とピコットの作り方、ピコットへのつなぎ方がわかっていれば、なんとなくでも作れてしまうと思います。
皆さんも、是非挑戦してみてください。

 - タティングレース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

無料で見られるタティングレースの編み図・パターン集

最近日本でも人気沸騰中の『タティングレース』の、無料で閲覧できるパターンをまとめ …

初心者向けのタティングレースキット

クロバー ちいさなてしごと このシリーズには、使用するタティングシャトルと糸があ …

【手作り】タティングレースのシャトルつなぎのやり方【ハンドメイド】

タティングレースには、いくつかのつなぎ方がありますが、ここでは『シャトルつなぎ』 …

タティングレースのおすすめ本(書籍)を紹介します

数年前からじわじわと人気に火がついて、現在たくさんの関連書籍が出版されている『タ …

タティングレース教室を選ぶポイント

近年人気の高まってきている『タティングレース』。自分で編んでみたいと思っている方 …

タティングレースの編み図の読み方

初心者の方に向けて、タティングレースの編み図の読み方を解説していきたいと思います …

タティングレースの編み方のコツ

タティングレースを編むうえで、知っていると便利なコツをいくつか紹介していきます。 …

タティングレース-アクセサリーの作り方の流れ

何を作るかを決める まず、何を作るのか決めましょう。 自分の作りたいもの・身につ …

タティングレースで作るかわいいピアス

普通のレース編みとは一味違う繊細さと、シャトルと糸だけでできる手軽さで近年人気が …