ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

どこで教えてもらえるの?ロザフィの作り方はここで学べ!

   

1872-2
最近TVや雑誌などのメディアでもよく取り上げられるようになり、目にする機会の増えた「ロザフィ」。
でも、手芸店やホビー用品店、書店に行ってみても、材料や道具はおろか教本の1冊も置いていません。
なぜなら、ロザフィは日本ロザフィ協会から作品の作り方や道具・材料の流出が厳しく制限されているからです。

ではロザフィをやってみたい人は、一体どうすれば良いのでしょうか?
今回は、そんな「ロザフィのはじめ方」に迫ってみたいと思います。

日本ロザフィ協会とは?

日本ロザフィ協会とは、ロザフィの考案者である大島ミマさんが主催するロザフィの総本山であり、本部は神奈川県にあります。

作家活動や講師活動、材料・道具の販売を行えるのは、会員の中でも協会認定講師のみとなっており、入会するには半年~1年の講習を修了しなければなりません。

気軽に教えてもらうなら体験レッスンやワークショップ

本格的な講習ではなく気軽に体験してみたいなら、日本全国の協会認定講師が行っている体験レッスンやワークショップ、講習会などがおすすめです。

アクセサリーやストラップ、ピルケースなど、講師(作家)ごとの様々な作品の作り方を1回限りのレッスンで学ぶことができます。
所要時間と料金は、約2時間で2,000円~3,500円程度(材料費込み)ということが多いです。

レッスンはどこで受けられるの?

作家活動や講師活動が行えるのは認定講師のみという特性上、ブログやWEBサイトでロザフィの作品を公開している人はほぼ間違いなく認定講師です。
体験レッスンを行っているのであれば、ブログやWEBサイトでレッスン内容や居住地などが公開されているはずですので、好みの作風のロザフィ作家がいれば体験レッスンをしていないか確認してみましょう。

また、日本ロザフィ協会の公式サイトでレッスンを行っている作家と協会が運営する全国の本部校の情報が都道府県ごとに公開されていますので、そちらも参考にしてください。

体験レッスンの注意点

レッスンのあと自宅でもロザフィをしてみたい場合、道具と材料を購入する必要があります。
ですが、1回の体験レッスンでは必要な道具や材料は販売してもらえません。
体験レッスンを含め、同一の講師から2回以上レッスンを受けるとその講師からロザフィの道具や材料を定価で購入することができるシステムになっているんです。
1度レッスンを受けただけであったり、別の講師の体験レッスンに1回ずつ参加したのでは購入できませんのでご注意ください。

まずは体験レッスンを受けてみよう

日本ロザフィ協会のシステムはちょっと面倒に感じてしまうかもしれません。
ですが、1回体験レッスンを受けるだけなら他の手芸のものとまったく変わりはありません。
まずは1回体験レッスンを受けてみましょう。
体験レッスンを通してさらにロザフィに触れてみたいと思ったら、また別の体験レッスンを受けたり、1回目と同じ講師のレッスンを受けて道具を購入したり、きっとその先の楽しみ方を見付けることができますよ。

 - ロザフィ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

手軽に楽しもう!ロザフィ専用紙の代用材料と販売サイト3選

紙で作った陶器のような薔薇「ロザフィ」。 使用する基本的な材料は「ロザフィペーパ …

もっと気軽に楽しみたい・ロザフィに代用できる道具はこれ!

細長い紙を巻いて薔薇を作る「ロザフィ」。 その美しさ、上品さ、可憐さに、「自分も …

イメージ自在!デザイン無限大!ロザフィのバレッタを作ろう

細長い紙をクルクルと巻いて作り、専用の仕上げ材により陶器のようなつややかで上品な …

まるで陶器!紙で作る薔薇のアクセサリー「ロザフィ」とは?

細い紙を専用の道具でクルクル巻いて小さな薔薇を形作る、日本生まれの新しい手芸「ロ …