ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

浴衣だけじゃない!魅惑のビーズアクセのかんざしレシピ集【作り方】

   

kanzashi1
日本の昔からの文化である「かんざし」。
最近では「ヘアスティック」と呼ばれることもあるかんざしですが、浴衣や和装の時にだけ身に着けるアクセサリーだと思っていませんか?

かんざしは実はどんな洋服とも相性が良く、一度挿し方を覚えてしまえばヘアゴムやクリップよりも簡単にまとめられ、品を醸し出しながらも自然な無造作感を演出することもできる便利なアイテムなんです。
特にビーズアクセのかんざしは、ビーズの色や形の種類が豊富なので作品のもつ雰囲気も幅広く、服装に合わせて色々なデザインのものを作りたくなります。

かんざしパーツには大きく分けて一本足(I字型)のものと二股(U字型)のものがあります。

まず、一本足のかんざしは「一本挿し」と言ってかんざし一本で髪をまとめ上げるために使われる事も多く、かんざしパーツの先端に装飾を付けるためのカンが一つだけ付いている事が多いです。
慣れれば誰でもササッと髪をまとめることができるようになりますが、髪をまとめる時にかんざしを大きく動かすため、大きなモチーフは使用せず比較的デザインが控えめで、ワンポイントにビーズアクセを使ったり、そこからチェーンやタッセルを垂らして動きやニュアンスを出すものが多いです。

例えばこの「ジャポニズム ヘア スティック」や「華手鞠のかんざし」は大変オーソドックスな形のかんざしです。

ジャポニズム ヘア スティック

http://www.partsclub.jp/html/recipeL015.html

華手鞠のかんざし

http://www.partsclub.jp/html/recipeL640.html

かんざしの根元にモチーフを集中させるのではなく、「大粒スワロのセレブかんざし」のように根元は抑えめに作りつつ大粒のスワロフスキーを揺らすことで、シンプルながらもゴージャスで華やかな印象のかんざしにすることもできます。

大粒スワロのセレブかんざし

http://www.beadsmania.com/Contents/recipe/html/250321.aspx

また、こちらの「蝶の二連簪」のように、シンプルなかんざしとヘアピンを組み合わせることで印象的で華やかなかんざしを作ることもできます。

蝶の二連簪

http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/46819.html

次に、二股のかんざしは、主にお団子などのまとめ髪に挿して使うものです。
まとめた髪に差し込むだけと使用方法が簡単なので、かんざしパーツも1〜5列のカン付きやシャワー付き、スカシ付きなど様々なバリエーションがあり、かなり大振りのビーズアクセを取り入れることもできるのも特徴です。

シンプルなデザインであれば、例えばこちらの「パターンラウンドヘアスティック」や「シャイニーフラワーかんざし」はモチーフにチェーンという一本足と共通するデザインです。

パターンラウンドヘアスティック

http://www.partsclub.jp/html/recipeL076.html

シャイニーフラワーかんざし

http://www.partsclub.jp/html/recipeL169.html

 - かんざし(簪)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

洋服とも相性抜群!手作りとんぼ玉のオリジナルかんざしレシピ【作り方】

古くから日本人に愛されてきたとんぼ玉。 現在ではたくさんの方がオリジナルのとんぼ …

一本で美人度が上がる!きらめくパールかんざしの作り方

浴衣など和装の時に使用するヘアアクセサリーといえばかんざしですが、実はかんざしが …