ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ハワイアンキルトの歴史ついて

   


ハワイアンキルトは1820年代にキリスト教を広めるためにやってきた宣教師の妻たちがハワイの女性に縫製を教えたと言われています。
ここからハワイでも洋服を縫うようになります。当時のハワイには生地が存在しませんでした。
カパと言う木の皮をなめして洋服などを作っていたそうです。
当時、布地をを見て、そこから作られる洋服を、どんな風に見ていたのでしょうか、、、
無地の生地に大きなアップリケを施した洋服なんて、すてきですよね。

当時、アメリカではパッチワークキルトも存在していたようですが、ハワイでは大きな生地にアップリケを施す方が主流になったようです。
生地が入ってきたと言っても、今のように、豊富なクオリティやカラーが存在していたわけではありませんからキルトはシーツなどに、赤や黄色、緑、紺など、原色の生地をアップリケに施したそうです。

では、本物の大きなハワイアンキルトを目にしたことはあるでしょうか・・・
細かく、複雑な柄を丁寧に仕上げた美しいキルトを目の当たりにすると、本当に感動の一言です。
欲しい!!なのか、それとも、私も作ってみたいなのか、、、とにかくテンションが上がること間違いなしです。
そんなキルトもいいのですが、昔から存在する、原色の組み合わせもまた、目を引く作品であることに間違いありません。

この8等分にカットされたアップリケを刺したシンメトリーの種法をアメリカではペーパーカットと呼んだようです。単純そうに見えて、均等に刺していくのは本当に技術がいります。

ハワイに生地が入ってきたのは1820年ごろで主に綿、絹、ウールなどですがハワイアンキルトに使う生地は基本、コットンです。
土台布にアップリケを施したあとキルト芯と裏地を重ねアップリケのきわに落としミシンをかけていきます。
キルト綿を重ねることでふんわり立体的なキルトになります。
そのあと、最後にアップリケの周りを縁取るように、幾十もエコーキルトを刺していきます。
このエコーキルトはハワイが海に囲まれた島で波を表現したといわれています。

ハワイアンキルトは昔も今も、変わらず、すべて手作業で行われます
果てしない時間と、根気を要するものです。完成したその愛着のある作品は手芸と言う言葉にまとめてしまうには、申し訳ないほどの芸術作品と言えるでしょう。

この大きなタペストリーなどは、大切なイベントなどにも飾られることがおおいのですが、最近では、シンメトリーだけではなく、ハワイの植物のハイビスカスやプルメリア、モンステラなどのカラフルなアップリケをあしらった小物なども多くみられるようになりました。
昔のように特別なものというより、今は日常に使えるいろんな作品が多く販売されており、身近に手に入れることができるネットショップも増えてきました。
そんな今だからこそ、初心者でも気軽にキルトを始めることができるのです。
あなたのとっておきを作ってみてください。
いつかはこんな素敵なキルトを作ることを夢見て。

 - ハワイアンキルト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

どのような視点でハワイアンキルト教室を選ぶといいか

小さい小物やバッグを本などを参考にしながら作るのもとても楽しい。 でも本格的にキ …

おすすめハワイアンキルト本(書籍)の紹介

ハワイアンキルトで検索すればたくさんのブログをされている人を見つけることができま …

ハワイアンキルトで使う道具について【説明と通販】

ここではハワイアンキルトで使う材料について紹介していきたいと思います。 絶対にそ …

初心者におすすめのハワイアンキルトキット

ハワイアンキルトとは、奥が深いもの。と言ってもどんなものもそうなのですが。 ハワ …

初心者にも簡単なハワイアンキルトの作り方

ここでは、ハワイアンキルトの簡単な作り方について説明します。 ハワイアンキルトは …