ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

      2016/05/11

これが、基本の玉止めになります。

糸止めを失敗した時は?

縫い代に余裕が有る場合

失敗した糸止めはそのままに。
『糸が出ている穴』から糸止めまでの長さ分、1目、縫い代側に縫い進めて、再度糸止めにチャレンジする。
この要領で2、3回失敗したら『糸が出ている穴』から糸止めまでの長さ分、1目返し縫いをして、糸を2cm程残して切り落としてOK。
失敗続きの玉止めも、3回失敗すれば成功と同じ、糸がほどけることはありません。

縫い代に余裕がなく、並縫いの距離が結構長い時

失敗した糸止めを切り落とします。
糸止めできる文の意図を確保できるくらい、並縫いをほどきましょう。(10cm程糸があればOK)
解いた糸で、再度糸止めにチャレンジ。
解いた所は、糸止め後にもう一度縫いましょう。

縫い代に余裕がなく、並縫いの距離が数cmと短い場合

全てほどいてやり直しましょう。
距離が短い場合はごまかしが効かないので、やり直した方が無難です。。。

色々な糸止め

基本の玉止めは3回、針に糸を巻きつけましたが、作るものや、糸の太さ、布目の粗さによって、巻きつける回数を調整します。
巻き付ける数、糸の太さで玉結びの『玉』の大きさが決まります。
小さい玉にしたい時、大きい玉にしたい時、玉止めは、解けないようにするためのものなので、玉止めが布を通ってしまっては意味がありません。
ゆえに、手縫いで作業する時の玉止めはとても重要になってきます。

手縫いの良さは、ミシンでは表現できない柔らかい作品を作れることです。
また、一針一針縫っていくことで、思い入れも強くなります。
基本の玉止めをマスターして、手縫いのハンドメイド作品、作ってみてください♪

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

手縫いで赤ちゃん用品♪アイデア16品のご紹介!【裁縫好き必見】

ご出産を控えたプレママさんたちは、はやる気持ちを抑えながら準備をされていることで …

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …

手縫いの一本取り・二本取りとは?

手縫いを行う際、作り方や説明の中で「一本取り」「二本取り」という表現を見たことが …

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来 …

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

ジッパーとは? ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋 …

手縫いが上手になりたい!どんな練習をしたら上達するの?

ミシンより手軽にできる手縫い。でもその技量がはっきり出てしまうのが悩みですね。 …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

指を保護する裁縫の必須グッズ!『指ぬき(シンブル)』の上手な選び方

指ぬきは、針先・針穴側(針のお尻)が指にあたって怪我をしたり、痛みが出ないように …

裁縫で使う道具~チャコペンって何?~

いきなりですがチャコペンとは何か知っていますか?裁縫をやってみようと考えている人 …