ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

      2016/05/11

これが、基本の玉止めになります。

糸止めを失敗した時は?

縫い代に余裕が有る場合

失敗した糸止めはそのままに。
『糸が出ている穴』から糸止めまでの長さ分、1目、縫い代側に縫い進めて、再度糸止めにチャレンジする。
この要領で2、3回失敗したら『糸が出ている穴』から糸止めまでの長さ分、1目返し縫いをして、糸を2cm程残して切り落としてOK。
失敗続きの玉止めも、3回失敗すれば成功と同じ、糸がほどけることはありません。

縫い代に余裕がなく、並縫いの距離が結構長い時

失敗した糸止めを切り落とします。
糸止めできる文の意図を確保できるくらい、並縫いをほどきましょう。(10cm程糸があればOK)
解いた糸で、再度糸止めにチャレンジ。
解いた所は、糸止め後にもう一度縫いましょう。

縫い代に余裕がなく、並縫いの距離が数cmと短い場合

全てほどいてやり直しましょう。
距離が短い場合はごまかしが効かないので、やり直した方が無難です。。。

色々な糸止め

基本の玉止めは3回、針に糸を巻きつけましたが、作るものや、糸の太さ、布目の粗さによって、巻きつける回数を調整します。
巻き付ける数、糸の太さで玉結びの『玉』の大きさが決まります。
小さい玉にしたい時、大きい玉にしたい時、玉止めは、解けないようにするためのものなので、玉止めが布を通ってしまっては意味がありません。
ゆえに、手縫いで作業する時の玉止めはとても重要になってきます。

手縫いの良さは、ミシンでは表現できない柔らかい作品を作れることです。
また、一針一針縫っていくことで、思い入れも強くなります。
基本の玉止めをマスターして、手縫いのハンドメイド作品、作ってみてください♪

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …

あると便利!裁縫の縁取りテープ(バイアステープ)の選び方と使い方

手芸のレシピ本を見るとバイアステープという名前をよく目にします。バイアステープと …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

裁縫用語のパイピングとは何のこと?

パイピングという言葉を聞いたことはありますか?裁縫で布を扱うときには色々と役に立 …

種類が多くて悩む…裁縫用ゴムの種類と使い道を解説します

ゴムが伸びてしまって買いに行ったら、種類が多すぎて何を買ったらいいかわからないな …

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。 洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてし …

裁縫の千鳥がけとは?縫う方法について

千鳥がけとは? 千鳥がけとは、裾上げやポーチのファスナーを付ける時など、縫い代を …

裁縫で使う道具~チャコペンって何?~

いきなりですがチャコペンとは何か知っていますか?裁縫をやってみようと考えている人 …